[adsense]

 

子供のいるお家なら、一度は頭を悩ませる七五三

着物はレンタルにするか購入するか。

写真館で記念写真を撮ってもらうべきか?

お参りはどのタイミングで行くのがベストなのか。

可愛い我が子の大切な儀式ですから、間違いはおかしたくないもの。

七五三の常識と現状を調べてみました。

7532

3歳と5歳と7歳、それぞれに行われる行事の総称が七五三である

七五三といえば、その名の通り3歳5歳7歳でおこなう行事で内容はさほど変わらないと思いがちですが、実は七五三とは子供がそれぞれの年齢においておこなう行事の総称であり、内容はまったく別物なのです。

七五三が始まったのは江戸時代、子供の成長に合わせた儀式を神事としておこなうことから始まりました。

まず3歳(満2歳)で、当時は幼児が髪を剃る習慣があり、その髪を剃るのを終了させる儀式が男女ともおこなわれます。

5歳(満4歳)は男子のみ行われ、これから袴をはくという儀式がおこなわれます。

7歳(満6歳)では女の子が身につける着物の帯を大人と同じ幅の広いものに替える儀式がおこなわれます。

それらの行事は、子供が大人の仲間入りをしていく儀式を段階に沿ってすませながら成長を祝っていたもので、京都、大阪から全国につたわったとされています。

正式な七五三は11月15日におこなわれる

最近では、家族の都合に合わせて、皆が集まれる日に七五三参りをおこなうことがほとんどですが、正式な日にちは11月15日が良いとされています。

これは、神々が集うという出雲神社の神在月が7月と5月と3月だから、足して15日になったという説など諸々ありますが、はっきりとした記録は残っていません。

旧暦の15日は満月であったため、神様への感謝をこめて子供の成長もお祝いしていたということですが、七五三の時期や祝い方に明確な定義は決められていません。

各家庭の都合に合わせた方法で、お子さんの健やかな成長を祈りましょう。

着物は写真スタジオでもレンタルできる

七五三で子供たちが身につける着物。

出来れば立派なものを買ってあげたい親心ですが、着る機会はほとんどなく、七五三で身につけたあとはそのままタンスの肥やしになるのが常です。

親子代々受け継がれるご家庭もありますが、新しく購入するとなると帯や小物もあわせて、安くても10万円前後は必要となってきます。

七五三にはお参りで神社におさめるお金や写真代も用意しますから大きな出費となってしまいます。

昔はお正月の晴れ着に着せてもらったりと活躍の場もありましたが、着物を着る習慣のなくなった今では、レンタルを利用するご家庭が増えています。

レンタルでも可愛くて質の良いものがたくさん用意されていますし、クリーニングに出すなどの手間も省けて忙しいお母さんにはぴったりではないでしょうか。

写真を撮るスタジオが、その着物をお参りの間レンタルするサービスもあります。追加で料金を支払えば両親や兄弟の着物もレンタル出来ます。

時間も節約でき、種類が豊富な中から好みの着物を選ぶことが出来ます。

 

七五三は、子供の成長を年齢に合わせてお祝いする大切な儀式です。

あまり堅苦しく考えず、我が子の成長を喜び合い、家族で楽しめる日にしましょう。