[adsense]

 

夏の青空

今年も暑い日が続いていますが、皆さまお元気でしょうか。

「いや、オフィスはクーラーが効きすぎて寒いくらいだよ」。

「暑いからついつい冷たいものがほしくなっちゃうのよね」。

なんてあなた。夏バテにはくれぐれもお気を付けください。

夏バテとは―時代・環境の変化によって「夏バテ」にも変化が!?

 冷房が発達する前。「夏バテ」は「夏痩せ」とも呼ばれ、その症状は体力低下や食欲不振がメインでした。

ところが、近年冷房機能の発達に伴い、「自律神経の乱れ」による夏バテが増加。

「全身の疲労感」「めまい・ふらつき」「からだのだるさ」などの昔の夏バテとは異なるさまざまな症状をともなうようになりました。

 夏バテの原因とは

 夏バテの原因は2つに分かれます。

 1つは体温調節の機能低下。

体温を下げるために人間は汗をかくのですが気温が高いと汗の蒸発が妨げられ、体温調整が困難となります。さらに、近年では冷房があるため、この体温調整をする自律神経のバランスが崩れ結果として夏バテにつながるといわれています。

 もう1つは「暑いからと食欲が低下して食事をとらない」とか、「冷たいものを飲んでばかりいる」と、栄養バランスが崩れたり、胃の消化酵素効果を下げてしまうため体に異変をきたすということにつながります。

 夏バテをクリアしたい!暑い夏だからこそ食べるべき食材 

夏バテに有効な栄養素にはビタミンB1やビタミンB2とクエン酸と呼ばれています。

そこでお勧めの食材をいくつかご紹介します。

夏場は調理も簡単に済ませたいものですので、お勧め調理方法も合わせてご紹介します。

ビタミンB1B2を摂取するなら・・・豚肉(特にもも肉、ひれ肉)

 夏に豚肉を食べるなら、「冷やし豚しゃぶ」がおすすめ。クックパッドでは個性的な「冷しゃぶ」が紹介されています。

クエン酸を摂取するなら・・・梅干し

  酸っぱい梅干しもまた、クエン酸を多く含み、夏バテに有効な食材の一つです。しかも、クエン酸には汗のにおいを抑える効果もあるそうで、これはもう食べるしかありません。

豚肉同様、クックパッドには個性的な梅干し調理法が掲載されており、これなら梅干しが苦手な方も自分に合った調理法が見つかるかもしれません。

 「夏バテ」しないよう日ごろの健康管理も大切に

暑い夏は、外を出歩いただけで、どっと疲れが出てしまいます。

「疲れた体に冷たいビールで元気を取り戻す!」のも良いですが、「疲れているからこそ早く帰って休養をとる」。

暑いからといって、「食事を抜くことなく1日三食を必ずとる」ことも何気ないことではありますが、夏バテの防止に役立ちます。

 

日本の夏はとても暑くて、外を歩くだけで疲労度がたまります。

暑い夏は冷たいものや冷房に頼りがちになってしまいますが、「実りの秋」をよりよい状態で迎えるためにも、夏バテを防止して暑い夏を元気に乗り越えたいものです。