[adsense]

 

ひな祭りには雛人形を家に飾り、女の子はすこしお洒落をしてお祝いをします。

そんなひな祭りの由来を調べてみました。

96d42dc992f5a37a3c5a6080b9b1ffc9

ひな祭りとは

ひな祭りは、女の子の健やかな成長を祈っておこなう行事です。

桃の花が咲く季節の3月3日に行うことから「桃の節句」とも呼ばれています。

ひな祭りがいつから始まったかは分かっていませんが、江戸時代頃はひな祭りのことを「ひな遊び」などと呼び習わしており、人形遊びなどの延長線上にあったと考えられています。

雛人形を飾る意味は、これから女の子に降りかかるかも知れない災難を、ひな人形に身代わりになってもらう、という意味があるそうで、昔は高価な嫁入り道具の一つとしても使われていました。

 

お雛様のモデルは?

お雛様として飾られる人形の、男雛女雛は天皇と皇后を表しています。

三人官女は女官、五人囃子は能囃子や雅楽の楽人、右大臣左大臣は近衛中将です。

雛人形の生産メーカーは関東地方に多く、埼玉県さいたま市は雛人形の生産地として全国的に有名です。

ひな祭りに出した雛人形を次の日まで片付けないと嫁に行き遅れる、と昔からよく言いますが、この言葉に深い意味は無く、儀式的な飾り物をいつまでも出しておくべきではないというしつけの観点から、言われるようになったそうです。

 

ひな祭りの食べ物

【うれしいひな祭り】

節句のお祝い事であるひな祭り。

家に人が集まる機会でもあります。

ひな祭りに準備する食べ物にはどういう意味があるのでしょうか?

 

ちらし寿司

ひな祭りで食べるものと言えば、彩り豊かなちらし寿司を思い浮かべる方も多いと思います。

ちらし寿司の寿司という漢字には寿の文字が使われ、入っている具材も海老やレンコンなど一般的に縁起が良いとされているものが多いことから、ひな祭りだけではなく色々なお祝い事の席で食べられるようになりました。

 

菱餅

菱餅には三色の餅がつかわれていますが、その三色の中でも、赤は魔除け、白は長寿、緑は健康を表すといわれ、その三色を一度に口に出来る菱餅は、大変縁起の良い食べ物だといわれています。

 

はまぐりのお吸い物

はまぐりなどの二枚貝は、対になっている貝殻同士しか噛み合ないことから、将来良い縁に恵まれ、仲睦まじく結婚生活を送れますように、という願いが込められています。

 

ひなあられ

ピンクや緑や黄色など、明るい色がたくさん入っているひなあられは、昔の女の子が雛人形を外に持ってでて、自然の景色をお雛様に見せてあげる「ひなの国見せ」という行事があり、その時に菱餅をくだいて持っていったのが始まりだと言われています。

 

3月3日のひな祭りは、女の子はもちろん家族みんなの息災を祈る儀式として昔から親しまれてきました。

ちょうど春の息吹が感じられる季節でもあり、新しい生活への期待を膨らませながらひな祭りを楽しみましょう。