[adsense]

 

2月14日のバレンタインは、女の子が大好きな男の子にチョコレートを渡します。

また、恋愛感情はなくても、日頃お世話になっている人や仲良くしている友達にチョコレートを渡すことも定番となっています。

?????

義理チョコは必要?

2月14日バレンタインデーは、世界中で男女が愛を誓い合う日だとされていて、日本では女性から男性にチョコレートを渡す日としても有名ですよね。

昔は女性が好きな人に告白をするというイベントとして捉えられていましたが、最近ではチョコレートを友達同士で交換する「友チョコ」や、仕事場の同僚や上司に配る「義理チョコ」などがさかんに行われています。

しかし、「義理チョコ」には賛否両論があり、男性側からすれば甘いものは苦手だし好きでもないのにチョコレートを貰っても嬉しくない、といった考えもよく聞かれます。

女性にしてみれば日頃の感謝の気持ちを表したいだけなのですが、渡す相手によっては、ありがた迷惑だと感じている人もいるようです。

 

チョコレートの予算は

バレンタインデーが近くなると、デパートの地下にはバレンタイン用の箱入りチョコレートがずらりと並び、中にはかなり高級なものもお目見えします。

意中の男性に渡すチョコレートには、2000円くらいのものを選ぶ女性が多く、チョコレートのほかに時計やマフラーなどのプレゼントを一緒に手渡すこともあります。

一方、沢山の人に渡す「義理チョコ」では、500円程度から多くとも1000円まで。ネットの通販などを利用して安く大量買いをされる方も増えています。

手作りチョコを渡す場合、材料費は多少安くつきますが、箱代やリボン代などラッピングにかかる費用もありますので、トータルすると買う場合と大きくは変わらないようです。

 

手作りと購入、どっちが喜ばれる?

バレンタインのチョコレートは、心を込めて手作りをする女性も多いです。

しかし、男性側はあまり手作りに対して嬉しいとは思っていないようで、手作りのチョコレートを渡されることは「重い」「プレッシャーになる」という意見もあります。

もともと甘いものが苦手な方だと、手作りは「残せない」といった気持ちになり、負担になるのかも知れません。

手作りのチョコレートを渡そうと思っている方は、事前に彼の好みを確認して、負担にならないように配慮してあげると、より真心が伝わるかもしれませんね。

 

バレンタインの愛の告白は、古くから行われてきた伝統の儀式です。

海外では男性から女性にされることが普通のようですが、年に1度女性から男性に告白するというのも素敵な日本文化の一つだと思います。