[adsense]

 

毎年何気なくおこなっていた節分の豆まき。

季節の変わり目に豆をまくのには、なにか意味があるのでしょうか?

????????

節分は1年に4回?

節分の豆まきと言えば、立春の前日に行いますが、実は節分はその日だけではないのです。

節分とは季節の始まりの日の前日を指しています。

つまり、立春・立夏・立秋・立冬、それぞれの前の日は「節分」ということになります。

豆まきをするのは立春の前日の節分で、大寒の最後の日でもあるため寒さがピークの日です。

季節の変わり目には悪いもの「邪気」が生じるという考え方が昔からあり、豆まきは、その邪気を追い払うために始まったとされています。

 

豆まきの由来とは

節分をおこなうのは2月3日の立春の前日です。

節分の豆まきは宮中行事として古くから行われていますが、宇多天皇の時代、都を荒らしに来た鬼の目に炒り豆をぶつけて追い払ったという故事伝説が、この行事の始まりといわれています。

鬼に豆をぶつけ家から追い出すことにより災いをのがれ、その一年の無病息災を願うという儀式が毎年日本中で行われています。

この豆まきとは別に、豆を自分の年齢の数食べる、または年齢の数に1を足して食べる、という風習もあります。こうして豆を食べると、身体が強くなり病気にかからなくなるといった言い伝えがあります。

 

豆の撒き方

豆まきに使う豆はお祓いをすませた炒り豆を使用します。

炒り豆は置いておいても芽が出ることがないので、節分用に使う豆として都合が良いそうです。

北海道や南九州などの一部地域では、炒り豆ではなく落花生を撒くこともあります。

これは、大豆より拾いやすく、撒いた後も皮をむけば食べられるということから、独自の方法が出来上がったようです。

炒り豆を使った場合も、撒いた後は拾って食べることとされていますが、ほとんどの家庭では撒いた後の豆は捨てて、新しい豆を食べることが多いようです。

豆を撒く時には、鬼の面をかぶり鬼役として豆をぶつけられる人が必要ですが、本来豆をまくのは家長である父親が良いとされているので、鬼役は父親以外がします。

父親の他にも年男が豆をまくと福がもたらされると言われており、子どもならその年の小学5年生が年男・年女にあたります。

豆まきのかけ声は「鬼は外、福は内」ですが、地域によっては、「鬼は内」「鬼も内」とかけ声をすることもあるようです。

 

節分の豆まきも、調べてみれば意外に奥深い行事ですね。

最近はこういった年中行事を行わない家庭も増えていますが、家族で楽しく豆まきをすることでコミュニケーションもでき、日々の健康を願う気持ちも芽生えます。

子供にとっては楽しいイベントですから、ぜひ行ってみて下さいね。