季節の変わり目の寒暖の差が刺激となって、アレルギー症状を引き起こしてしまう寒暖差アレルギー。

寒暖差アレルギーの症状や治療はどういったものがあるのでしょうか。

29a5b2a12299daaaae8386f138d52afc21

寒暖差アレルギーとは

秋から冬にかけての季節の変わり目は寒暖の差が激しく、震えるほど寒い夜があったかと思うと、次の日には汗をかくほど暑い。

そんなこともよくありますよね。

夜と昼の気温差が20度以上になってしまう事もあり、体調管理が難しい時期でもあります。

こういった気温差に身体がうまく順応できず、アレルギーをおこして体調を崩してしまうのが寒暖差アレルギーです。

寒暖差アレルギーには、日頃の運動不足やストレスなども大きく影響しているといわれ、症状が悪化すると仕事や日常生活にも支障がでてしまうこともあります。

 

寒暖差アレルギーの症状

寒暖差アレルギーの症状は、鼻水鼻づまりやくしゃみ、咳や食欲不振といった、風邪に似たような症状がでるのが特徴です。

普通の風邪だと上記の症状に加えて熱が出たり目が充血したりといった症状もあらわれますが、寒暖差アレルギーの場合はそういった症状が出ず鼻や喉の症状に留まっています。

この他にも、イライラしたり疲れやすく気持ちが落ち込むなど、精神面の不調を訴える方も多いようです。

 

寒暖差アレルギーの原因とは

寒暖差アレルギーは血管運動性鼻炎とも言われ、鼻や喉の粘膜に気温差の刺激が伝わることで血管が広がり、粘膜がむくむことで、鼻づまりや鼻水、くしゃみ、咳などの症状を引き起こしてしまいます。

季節の変わり目の寒暖差は防ぎようが無いので、アレルギー症状が出ている方はマスクを着用するなど、粘膜への刺激を出来るだけ避けるようにしましょう。

 

自律神経を整える

身体の中で体温を調節する役割をになっている自律神経。

この自律神経が乱れていると、さまざまな病気にかかりやすくなりますし、寒暖差アレルギーの症状も出やすくなります。

ですから、寒暖差アレルギーを防ぐには、まず自律神経を整えることも大切です。

腹式呼吸をしたり、手足を軽くストレッチするだけでも、自律神経に良いといわれています。

「気持ちいいな」「心地よいな」と自分自身が感じて、頭がすっきりするような感覚を得られることが、自律神経を整えることに繋がるのです。

 

手首のツボをあたためる

寒暖差アレルギーを改善させる方法として、手首の外側にある「外関」と呼ばれるツボを温めると良いそうです。

ツボといっても押したりする必要も無く道具も入りません。

両方の手の手首を、反対の手のひらでこすって温めます。

10秒くらい続けて手首がほんわり熱く感じたら終わりです。

昔から行われていた「乾布摩擦」と同じように効果があるそうです。

 

寒暖差アレルギーによる鼻炎の症状は、ご本人にとってはつらくて不快なものです。

自律神経を整え身体を温めて、寒暖差を乗り切りましょう。