[adsense]

 

成人の日に、二十歳の門出を祝って行われる成人式。

一昔前までは、成人式の服装といえば着物が定番でしたが、最近ではスーツを着ていく若者も多くなっています。

0c55c095be780b80a700423199185adf_s

成人式の服装

毎年、成人の日になると、全国各地で行われる成人式の様子がニュースや新聞で報道されます。

成人式での服装は和装が多いですが、着付けや髪のセットなど自分では難しいことも多く、美容院などに時間がかかることから、男性はもちろん女性でもスーツですませる方が増えているようです。

成人式用の華やかなスーツも種類豊富に販売されていますから、着物にも引け目をとらないコーディネートができます。

 

成人式のスーツ、選び方と予算

成人式にふさわしいスーツとはどういったものでしょうか。

男性のスーツだと、ネクタイなども合わせて10万円くらい用意すれば良いものが購入できます。

ブランドではタケオキクチやバーバリーブラックレーベルなどが、20歳くらいの方が肩肘張らずに着こなせるスーツを揃えているのではないでしょうか。

普段のスーツと違って晴れの日に着るものですから、購入する時には必ず試着して自分の身体に合わせてお直ししてもらうのも大切です。

ズボン丈、袖丈など、実際に動いてみてフィット感を確かめます。

色は黒やチャコール、ダークブラウンなど、暗めの色でも適度に光沢があると華やかになります。

スーツのシャツは白が定番ですが、白地でも薄くストライプやドットが入っているものもお洒落です。

個性的な方には、思い切って総柄のシャツを着ても良いでしょう。

まずはネクタイを選び、スーツとのバランスを考えながらシャツを選んでみて下さい。

全身コーディネートの中でも、靴は一番重要だとよくいわれます。

服が安くても、靴が一流のものだと全体が引き締まるそうです。

スーツに合わせる靴では、先の尖ったロングノーズと呼ばれる革靴が最近は主流になっています。

色は茶色系が合わせやすく、普段使いも出来て便利です。

 

女性の成人式用のスーツでは、あまりかしこまらない感じの個性的なものも多いようです。

フォーマルなものでも、レースやファーで華やかさをプラスしたり、明るい色使いにしたりと、自分の気に入ったものを自由に着こなされる女性が増えています。

周囲は赤やピンクの振り袖姿の方が沢山いるわけですから、ある程度は派手になっていても浮くことはないでしょう。

予算は5万〜10万ほどでヘアアクセサリーから足下まで一式揃えられるのではないでしょうか。

 

2015年の成人の日は1月12日月曜日です。

こだわりのファッションで、思い出に残る一日を過ごしましょう。