[adsense]

 

年末年始、美味しいものを食べて家の中でゆっくり…。

そんな生活を過ごしていると、気付かないうちに贅肉がついてしまうことも多いです。

正月太りを防ぐ、解消する、そんな方法をまとめました。

1301167top

正月太りしやすい人、しにくい人

正月太りとは、会社や学校のお正月休みの間に、体重が増えてしまうことですよね。

しばらく休んで久しぶりに職場に戻ってみると、「あれ、あの人なんか太った?」なんていう経験ないでしょうか。

人のことなら笑えるけれど、自分がそう噂されちゃうのは、なんともつらいものです。

同じように休みを取っても、体型の変わらない人と、ちょっぴり太っちゃう人。

なにか違いがあるのかといえば、実はあるのです。

正月太りしやすい人は、ズバリあまり出歩かない、出不精な人。

お正月なんて寒いし、初詣は人がいっぱいだし、わざわざ外に出なくても、あったかい家の中でゆっくり寝正月しよう…。

こんなお正月の過ごし方をしている人、要注意です。

年末年始は忘年会や新年会、家に親戚や友人を招いての宴会など、普段より豪華なご飯で摂取カロリーが増える上に、お餅などで炭水化物もたくさん食べます。

そして、お酒もいつもよりたくさん飲んじゃう人、多いですよね。

そんな中、運動もせずに寝ていたら太ってしまいます。

正月太りは、食事による摂取カロリーの増加と運動不足が原因となっているので、防ぐには生活を見直すことが大切です。

 

ダンス初心者でもすぐ燃焼 家で10分HIPHOPダイエット

 

適度な運動と、アルコールは控えめに

太るのは一瞬だけど、それを減らすのはすごく大変。

これは、ダイエットに挑戦したことにある人なら誰でも実感していることだと思います。

いつもは小食を心掛けている人でも、お正月だしついつい食べ過ぎてしまった…。

こういうことが続くと、2、3キロの体重なんてあっという間に増えてしまいます。

年末の食事会や飲み会では周りの目もあり、食べない飲まないというわけにもいきませんが、ほどほどにセーブして、食べ過ぎた次の日は油分を抑えたヘルシーなメニューに切り替えるなど、調節してみましょう。

食事とともに大切なのが運動です。

しかし、体重をキープするための運動ですから、あまり激しく身体に負担のあるものは避けた方が良いです。

運動をたくさんすれば痩せるというイメージがありますが、人間の身体は動けば動くほど自然にお腹が空きます。

でも、お腹が空いた分食べてしまうと、痩せるどころか太ってしまいます。

だからといって我慢するのは心にも身体にも良くありません。

ですから、運動は適度にウォーキングを30分とか、エレベーターをやめて階段にするとか、その程度の軽いもので充分です。

運動だけで体重を減らすことは難しく、まずは食事に気をつけるということが先決です。

 

正月太りを回避する食べ方!

正月太りを解消する食事は、カロリーや油分の少ないものが最適です。

カロリーを減らすと言っても、食事の量を急激に減らしたり、油分を控え過ぎると、身体にも悪いですし便秘を起こしやすくなります。

ダイエット中にはきのこ類やドライフルーツなど、ヘルシーで食物繊維が豊富なものを食べるようにしましょう。

 

せっかくのお正月、食べて飲んでグータラしたい。

そんな気持ちも理解できますが、身体のためにも食欲はほどほどに抑えて、体型が変わらないように気を付けてみて下さいね。