[adsense]

 

七草粥は、毎年1月7日に食べる春の七草を入れて煮込んだおかゆです。

1年のはじめに食べることで、その年の無病息災を願います。

b0186258_830173

七草粥の由来

七草粥がいつごろから食べられるようになったのか、はっきりと分かっていませんが、江戸時代には七草粥を食べる習慣が広まっていたようです。

年の初めに、家族の健康を祈願して「今年も一家が無事に過ごせますように」という気持ちを込めていただく素朴なごちそうです。

 

・七草とは

春の七草には、健康効果の高い成分がふくまれており、ハーブのように身体に良い野草として古くから知られています。

この七草をお粥に入れて食べることで、胃腸に優しく疲労回復にも効果があります。

 

七草の健康効果

せり・・・鉄分が豊富。

なずな・・・解熱作用、利尿作用。

はこべら・・・ミネラルや栄養素が豊富。

すずな・すずしろ・・・消化に良い。ジアスターゼが多く含まれてる。

 

地域によって差はありますが、一般的に1月7日の朝食に七草粥を食べることが多いようです。

七草粥に入れる七草は、せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろの7種類です。

この中で、ごぎょうはハハコグサ、すずなはカブ、すずしろは大根のことをあらわしています。

せり・なずな等は野生の草ですが、野草に知識の無い人では種類を見分けにくいため、野草を摘んで七草粥に使うことは少ないようです。

1月7日が近付くと、どのスーパーでも春の七草が野菜売り場などに並ぶようになります。

春の七草が手に入りにくい場合などでは、七草は使わず、手近な野菜を細かく刻んでお粥に入れることも多いようです。

 

七草粥のレシピ

 

【お粥レシピ】七草粥の作り方♪How to Make Nanakusagayu♪

 

正式な作り方は、6日の夜にまな板に七草をのせ、包丁で叩きながら細かくする。

そして次の朝に、お粥の中にその七草を入れると良いようです。

七草のほかに、餅を入れることもあります。

七草粥は特別な味付けはせず、お米と七草の味を楽しみます。

時間をかけて煮たお粥に、細かく刻んだ七草を入れ蓋をして5分程度たてば出来上がりです。

味付けは塩のみとされていますが、お好みで色々なものをのせてみても美味しいです。

 

七草粥は、邪気を祓い悪いものを落し、万病を除いてくれるという、とてもありがたい食べ物だそうです。

お正月の豪華な料理やお酒などで疲れた胃に休養をあたえ、健康に導いてくれます。

また、野菜の収穫が少なくなる冬に、不足する栄養素を補うことができるという、昔の人の知恵がつまった食べ物でもありますね。