[adsense]

 

兵庫県赤穂市で毎年行われている赤穂義士祭は、忠臣蔵をテーマにした盛大なお祭りです。

全国の忠臣蔵ファンなど、毎年多くの来場者で賑わいます。

p7169_0

赤穂義士とは

元禄14年3月14日、江戸城の松の廊下で、浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が吉良上野介(きらこうずけのすけ)を斬りつけるという事件が起こりました。

この事件が何故起きたのかは不明になっていますが、吉良上野介を斬りつける時に、浅野内匠頭が「この間の遺恨覚えたるか」と叫んでいることから、積み重なる恨みや妬みが原因と考えられています。

幸い、吉良上野介の傷は浅く、大事には至りませんでしたが、目上の存在だった吉良上野介に斬りつけた浅野内匠頭の罪は重く、その日に切腹をさせられてしまいます。

この切腹に腹を立てたのが浅野内匠頭の家臣達。

家老である大石内蔵助に仇討ちを催促します。

仇討ちに対しては消極的だった大石内蔵助ですが、家臣の説得や周囲の人間の怒りに負けて、ついに仇討ちを決行します。

元禄15年12月14日、殿様であった浅野内匠頭が切腹させられたその日に、大石内蔵助と家臣達、合わせて四十七名が吉良屋敷に討ち入りに行きます。

これがいわゆる「忠臣蔵」で、討ち入りに行った四十七名のことを赤穂義士と呼びます。

赤穂義士達は見事吉良上野介の首を取り、翌年2月に全員が切腹をしました。

 

本家本元の義士祭

赤穂浪士をあつかった義士祭は全国各地で行われていますが、兵庫県赤穂市で開催される赤穂義士祭は本家本元のお祭りです。

今年で111回を迎えるという歴史あるお祭りは、忠臣蔵に魅せられた地元の市民の手によって長い年月を受け継がれています。

赤穂義士祭が行われるのは、赤穂義士達が吉良邸に討ち入りに行った12月14日となっています。

 

忠臣蔵パレード

赤穂義士祭での最大の見所は忠臣蔵パレードです。

赤穂市の小学生の金管バンドパレードに続いて、お姫様の衣装をまとった赤穂義士娘や当時の赤穂藩主を偲ばせる大名行列、忠臣蔵の名場面を山車の上で演じたあとには、四十七名の赤穂義士に扮した義士行列が続きます。

周辺では忠臣蔵をイメージした多彩なイベントが開催され、赤穂義士を祀る大石神社では祭典がひらかれます。

 

赤穂義士祭

 

忠臣蔵事件が起きてから約300年、今もなお日本人の心を強く惹きつける赤穂義士の魅力。

映画やドラマでも繰り返し扱われていますよね。

忠臣蔵のことはあまりよく知らないという方は、ぜひこの赤穂義士祭に参加して、忠臣蔵のロマンあるストーリーにひたってみて下さいね。