[adsense]

 

毎年、浅草寺でおこなわれる「羽子板市」は、12月のご縁日に羽子板の露店が数十軒、境内に軒を連ねます。

284b

羽子板市の歴史

浅草寺では、毎月18日が観音様の「ご縁日」にあたるとされています。

12月のご縁日は「納めの観音」とも呼ばれ、その年のしめくくりにと参拝者が多く訪れます。

江戸時代、この12月のご縁日17日18日に、浅草寺の境内に縁起物や正月用品を売る露店が集まるようになりました。

この市は「歳の市」と呼ばれ、江戸随一の市として多くの参拝客で賑わうようになったそうです。

現在の歳の市は「羽子板市」に形を変えて、今でも多くの人々に親しまれています。

羽子板は魔除けにもなる縁起の良いものとされており、その年に誕生した女の子に羽子板を贈るという風習が、江戸時代後期から受け継がれています。

 

2014年の羽子板市

現在の羽子板市は、12月17日〜19日の3日間で開催されています。

朝の10時から夜の10時までですが、昼間は観光客で混雑します。

境内には羽子板の露店が30数軒集まり、色とりどりの羽子板やふわふわと可愛い羽根がずらりと並びます。

羽子板を購入した人は、店主や羽子板職人から縁起の良い三本締めがうけられます。

境内には、羽子板の露店のほか、やきとりやおでん、甘酒などの露店もあり、仲見世をぶらりと歩くだけでも充分に楽しめます。

 

七福神の大黒と恵比寿の「恵比須大黒天御影」、新年の福徳を祈願した「縁起小判」も、この納めの観音の日から、信徒に授与されます。

 

20131218羽子板市(浅草寺)

 

羽子板の値段

羽子板は、歌舞伎役者や綺麗処がモデルとなった画題が定番ですが、なかにはキティちゃんやアンパンマンなどの女の子に人気のキャラクターの羽子板もあります。

変わったものでは、その年に活躍したスポーツ選手やテレビで活躍している芸人さん、大河ドラマなどが画題になっているものなど、羽子板市を訪れた人の楽しみになっているようです。

羽子板の大きさは、手のひらサイズから子供の背丈ほどあるものなど大小さまざまですが、約50センチくらいが多いようです。

値段は、安いものなら1000円程度、高級なものなら2万円前後になっています。

羽子板に使用されている素材によっても値段は変わってくるようです。

 

羽子板には、病気や悪いものを「跳ね返す」といった意味もあり、とても縁起の良いものとされています。

浅草寺の冬の風物詩となっている羽子板市。

羽子板に興味は無くても、見て回るだけで楽しめそうですね。