[adsense]

 

毎年12月に開催されている秩父夜祭は、埼玉にある秩父神社の例祭です。

美しい提灯の山車のほか、珍しい冬の花火大会が有名です。

hisItem22Photo02Big

日本三大美祭・日本三大曵山祭の一つ

秩父夜祭は、飛騨の高山祭、京都の祇園祭と並んで、日本三大美祭・日本三大曳山祭にも数えられています。

秩父夜祭は古代から発祥した伝承祭祀で、伝統的な文化が今も受け継がれていることから、日本の重要有形・無形民俗文化財にも指定されています。

この秩父夜祭の山車は、屋台と笠鉾という2つの種類があり、笠鉾には普通山車にはつけない花笠がつけられているのが大きな特徴です。

屋台には古くから屋台歌舞伎を上演する目的で張り出し舞台がつけられているのも、ほかの地方の山車や屋台とは異なった点になっています。

 

秩父夜祭の由来とは

秩父神社にまつられている妙見菩薩と武甲山に棲む男神は相思相愛の仲だったが、男神には妻がおり、毎晩は会えなかった。

そこで、年に一度夜祭りの夜だけは妻から許しを得て、二人は会うことが出来た。

という神話が秩父地方には昔から伝わっていて、そのことが夜祭の由来になっているそうです。

 

秩父夜祭花火大会

冬に行われる花火大会はとても珍しく全国的に有名です。

羊山から打ち上げられる見応え充分な花火は、この地方の冬の風物詩となっており、秩父の子供はみんなこの花火を見て成長していきます。

鮮やかな笠鉾や屋台と、澄んだ冬の夜空を彩る花火の取り合わせは美しく、その華やかさが秩父夜祭の大きな魅力となっています。

 

秩父夜祭【埼玉県公式観光動画】

 

屋台歌舞伎

秩父夜祭の楽しみは花火のほかに屋台歌舞伎があります。

この屋台歌舞伎は地元の町内が中心となって、当番制で毎年担当しています。

屋台から舞台を張り出させて組み立て式の装置で歌舞伎を上演するというスタイルは日本国内でも珍しく、独特の世界観があります。

 

秩父夜祭の日程、交通アクセス

秩父夜祭は、毎年12月2日と3日に行われます。

花火の打ち上げは2日19時頃〜20時頃。

3日19時30分頃から22時頃までとなっています。

屋台歌舞伎は、2日18時頃から、3日11時頃からとなっています。

開催時間は変更となることもあります。

秩父夜祭が行われる秩父神社の最寄り駅は秩父鉄道「秩父駅」です。

西武鉄道を利用した場合は、終点の「西武秩父駅」で下車、徒歩約15分です。

祭り期間内は、市内の小中学校の校庭やグラウンドが臨時駐車場になります。

開催年度によって場所が変わりますので、ホームページでチェックしましょう。

 

秩父夜祭は、冬の花火に屋台歌舞伎と、他のお祭りでは見られない魅力がいっぱいですね。

12月に開催される例祭は全国的にも珍しいので、一見の価値ありです。