[adsense]

 

日本では、お正月にお雑煮を食べることが多いですよね。

地域によってベースの味や具にも違いがあり、食べ比べてみるのも楽しいですよ。

zouni

日本のお正月の伝統料理

お雑煮は、日本人がその年の家族の健康や安泰を祈りながら食べる、伝統的な正月料理です。

このお雑煮を食べる習慣は沖縄地方を除く日本各地で継承されているそうで、その土地ごとに味付けや具などに違いがあります。

 

海産物からあんこ餅まで… 日本各地の「変わりダネ」お雑煮

 

北海道

 

北海道のお雑煮は、すまし汁に海産物が入っているのが特徴です。丸ごとの海老やいくら、鮭の切り身などが、焼いた餅とともにお椀を彩ります。

 

青森

 

青森も海の幸がたっぷりのすまし仕立て。里芋や人参などの根菜も入り、具沢山になっています。

 

秋田

 

秋田では、お雑煮のかわりにきりたんぽが食べられることもあります。きりたんぽは普通のお米で出来ていますから、餅を入れるお雑煮とはだいぶん違いますね。

 

岩手

 

雑煮のベースはすまし汁ですが、すり潰したくるみと、しょうゆ、砂糖で作ったくるみのソースを餅につけて食べる、くるみ雑煮が有名です。

 

山形

 

すまし仕立てのお雑煮に、山菜がたくさん入ります。ごぼうや里芋などの根菜も入り、三つ葉をのせて食べます。山菜はわらびやぜんまいなど、自然豊かな山形らしいお雑煮ですね。

 

宮城

 

焼いたハゼをまるごとのせる、ハゼの雑煮があります。お椀に乗り切らないハゼは、初めて見た人を驚かせること間違いなしです。

 

千葉

 

海の幸がおいしい千葉県ですが、お雑煮に青のりをぶっかけて食べる、青のり雑煮があるそうです。つきたての餅やおはぎに青のりをまぶすのは時々見かけますが、お雑煮の汁と青のりは合うのでしょうか。

 

群馬

 

群馬のお雑煮には、豆腐を入れることが多いのだそうです。豆腐にお雑煮のだし汁がしみこんで。美味しそうですね。ほかにも、かまぼこやちくわなど練り物も多く入れます。

 

東京

 

東京のお雑煮は、かつおとこんぶのだし汁に椎茸や小松菜をのせます。いたってシンプルですね。

 

福井

 

福井県のお雑煮には、鰹節をどっさりのせるのが特徴。具はあまり入れず、鰹節を餅にからめながら食べるそうです。

 

静岡

 

静岡のお雑煮にも、鰹節をかけます。ほかにも根菜をたくさん入れ、風味豊かなお雑煮になります。

 

三重

 

三重のお雑煮には、はまぐりが入ることが多いです。はまぐりは貝の中でも縁起が良いといわれ、お祝いの席での汁物には、よく入っています。

 

奈良

 

この辺から、お雑煮のベースがだし汁から味噌に変わってきます。奈良のお雑煮は白みそベースですが、餅だけ取り出してきなこをまぶして食べることもあるそうです。

 

京都

 

京都も白みそベースで、花鰹をちらして食べます。

 

鳥取

 

鳥取のお雑煮は、なんと小豆のぜんざいです。たっぷりの粒あんに、まんまるの餅をいれていただきます。名前は同じでも、普通のだし汁にお餅を入れたお雑煮とは全くの別物ですね。

 

広島

 

広島のお雑煮はお吸い物仕立て。カキや穴子など、特産品を入れて豪華な雑煮になります。

 

鳥取

 

お吸い物の中に餅を入れ、岩のりをたっぷりかけて食べます。とっても身体に良さそうですね。

 

香川

 

香川の雑煮は白みそベースですが、中に入れるお餅はなんとあんこ餅!食べているうちに白みそとあんこが混ざって、とても美味しくなるそうです。

 

愛媛

 

愛媛のお雑煮にも、あんこ餅が使われることが多いです。こちらはすまし汁がベースなので、香川とは違った味わいになりますね。

 

餅がない?地方の変り種お雑煮

 

同じ「お雑煮」でも、地域によってこんなに違いがあるとは驚きです。

青のり入やあんこ餅は、一度は試して味わってみたいものです。