[adsense]

 

img01

9月15日は敬老の日。

長い年月、社会のために奉仕してこられたお年寄りに感謝の気持ちを伝え、長寿をお祝いする日です。

核家庭化がすすみ、お家の中にお年寄りのいない家庭も多いかと思いますが、離れて暮らしているご両親や祖父祖母に心のこもったプレゼントを贈り、敬老の日をお祝いしましょう。

敬老の日は1947年に兵庫県からはじまった

 今では国民の祝日にもなり、日本中で知られている「敬老の日」ですが、実は1947年兵庫県多可郡にあった野間谷村の村長さんと助役さんが、「老人を大切にしよう」と提唱し9月15日を「としよりの日」と定めたのがはじまりです。

 9月15日になったのは、農閑期にあたり、その時期が気候も良いからだそうです。2003年からはハッピーマンデー法が適用され9月15日ではなく9月の第三月曜日が敬老の日となっていますが、今年はそれが偶然15日にあたっています。

プレゼントの予算と品物選び

 敬老の日に贈るプレゼントといえば、長寿のお祝いとはいえ他の行事やお誕生日などとは趣が違い、何を贈れば喜ばれるのか迷ってしまうことも多いですよね。そこで、敬老の日にお年寄りがプレゼントされて嬉しいと感じた品物のランキングを男女別にご紹介したいと思います。

 

まず男性の1位は「お酒です。

ワインやビール、発泡酒など、毎日晩酌をされるおじいさんには何より嬉しいものかもしれませんね。

 

女性の1位は「お花です。

年齢に関わらず、女性はお花に弱いものです。明るい色のブーケやお部屋を彩る胡蝶蘭など、お相手の好みに合わせて選びましょう。

 

2位は男性と女性どちらも「家族での外食」となっています。

物をもらうよりは、家族で集まって食事が出来た方が思い出にもなって楽しいと感じる方が多いようです。

 

次に男性の3位は「孫からの絵や手紙」です。

可愛い孫からの直筆のお手紙、嬉しくないはずがありません。貰ったときの喜びがいつまでも印象に残っていると答える方も多いほど、おじいさんにとっては大切な宝物となるようです。お孫さんの写真なども添えて贈るとなお一層喜ばれるのではないでしょうか。

 

女性の3位は「一緒に旅行」です。

最近のお年寄りはとってもアクティブで、旅行を趣味として楽しまれる方も多いです。大切な家族と一緒に行く旅行は、とても思い出深く最高の時間になりますよね。

 

このランキングを見ると、敬老の日のプレゼントには品物よりも一緒に過ごす時間や思い出に残る物が嬉しいと感じるお年寄りが多いということが分かります。

お孫さんの手紙など、お金のかからない物から、旅行などの金額の大きい物などさまざまですが、大切なのは気持ちです。

高価な物でなくても、心のこもったプレゼントを準備して会いにいき、短い時間でも一緒に過ごすことができれば、充分に喜ばれることと思います。