[adsense]

 

誰もが一度は見てみたいと思っている、神秘的な空のカーテン、オーロラ。

オーロラの観測で有名な、アイスランド観光について調べてみました。

1_2BNorC3B0urljC3B3s2BVC3ADk2BC3AD2BMC3BDrdal2BC2B4032028129

空気と環境の良い国

アイスランドはヨーロッパの北、北西洋にある島国です。

首都であるレイキャビクは世界で最も北に位置する首都となっており、「最も空気のきれいな首都」にも選ばれるほど環境の良い町です。

レイキャビクから約100km離れた北部の町「レイクホルト」は、世界的に有名なオーロラ観測スポット。

レイキャビクからレイクホルトへの長距離バスは週に2便しかないため、レイクホルトにオーロラ観測へ行くならツアーを予約するかタクシーを手配する必要があります。

首都レイキャビクからのオーロラツアーは1年中開催されていて、インターネットから日本語で予約することも出来ます。

レイキャビクからレイクホルトまでのバス所要時間は約1時間です。

 

アイスランドでオーロラを見るなら

アイスランドは、緯度65〜80度でもっともオーロラが発生しやすくなるという「オーロラオーバル」の直下位置にあることから、オーロラ鑑賞にもっとも適している地域だといわれています。

アイスランドでオーロラが見えやすくなるのは、8月下旬から翌春の4月頃までで、春から夏にかけてのアイスランドは日が長く明るい時間が多いので、オーロラは見えにくくなります。

オーロラが見えやすい時間帯は19時〜23時くらいだそうです。

フィンランドやアラスカなど、アイスランド以外でオーロラが見える地域の冬の夜はマイナス20〜30度になるのに比べて、アイスランドは極寒期でもマイナス2度くらいにしか気温が下がらないので、そんなに寒くなくて観測にも行きやすいですね。

 

オーロラ以外にも見所がいっぱい

 アイスランド旅行(Iceland Trip)

 

アイスランドは火山が多いことも有名で、温泉施設も国のあちこちにたくさんあります。

中でも、世界最大の屋外温泉「ブルーラグーン」には、世界中から数多くの観光客が訪れています。

雄大な自然の中に黄金の滝と呼ばれる「グトルフォス」や間欠泉の「ゲイシール」、世界初の民主議会がおこなわれた「シンクヴェトリル国立公園」などの観光地があり、広大な草原の中をハイキングやサイクリングをするツアーも数多く行われています。

 

アイスランドを満喫するツアー

日本からアイスランドへ行くには、直行便が無いのでヨーロッパの都市を経由して行くことになります。

添乗員なしのフリープランで約15万円〜の料金になり、オーロラ観光などのオプションで料金は加算されていきます。

冬休みのシーズンが一番人気が高いので、その時期は10万円程度プラスされることになります。

世界平和度指数ランキングで第1位になっているアイスランドなので、治安はかなり良い方ですが、犯罪がまったく無いわけでもないのでそれなりにご注意を。

 

アイスランドは、雄大な自然を楽しみたい方にはぴったりの国です。

美しいオーロラに包まれて、忘れられない夜を過ごしてみませんか?