[adsense]

 

寒い冬の冷え性にぴったり。ワインや日本酒であったかポカポカ、酒風呂をご紹介します。

img_sake

「冷え」は病気のもと

秋から冬の寒い季節には、手足が冷えてなかなか温まらないことも多いです。

体温や手足の温度は、身体の中の血液の循環に影響を受けて上下しますが、気温の低い日が続くと血行が悪くなり、身体の末端である足先や指先が温まりにくくなるのです。

身体が冷え性の状態にあると新陳代謝が悪くなり免疫力も下がってしまいます。

そうなると、病気にもかかりやすくなってしまいます。

冷え性の人は、入浴の時に浴槽でお湯につかるようにして、身体をしっかり温めましょう。

普通のお湯でも身体の温度は上がりますが、お湯にお酒を少量混ぜると、身体の芯まで温まりやすく健康効果が高まると言われています。

 

おすすめの酒風呂

酒風呂とは、その名の通り浴槽のお湯にアルコールを混ぜて入浴する事ですが、たくさんあるアルコールの中でも、ワイン風呂や日本酒風呂は美肌にも効果があるのでおすすめです。

ワインには主原料であるブドウの抗酸化ポリフェノールが含まれているので、ワイン風呂に入ると肌が若返りすべすべになります。

毛穴の老廃物を取り除く効果もあるそうで、カサカサ肌に悩んでいる方にも良いと思います。

赤ワインでも白ワインでも効果は変わりませんので、飲み残しのものがあれば、それを利用してみて下さい。

日本酒は米から出来ているので、日本酒風呂には肌をしっとり潤わせる作用が期待できます。

昔から日本酒風呂には健康効果が高いといわれていて、代謝を活発にすることでも有名です。

どちらもコップ一杯程度のお酒を湯船の中に注いで、かき混ぜてから入浴します。

お湯の蒸気にアルコールが含まれるので、お酒に弱い方や子供が入る場合には注意が必要です。

 

酒風呂健康法

最近話題になっている「酒風呂健康法」ですが、これは酒風呂(日本酒風呂)に入ることで健康になり美肌になることにくわえて、日本酒の力でストレスや疲労を取り除いて元気になろう。という健康法です。

日本酒風呂に入ることで新陳代謝が良くなり、ダイエットにも効果が出やすく、慢性病の治療にも役立つそうです。

身体の中に流れているといわれる「気」の流れにも良い作用があるそうで、気持ちが明るくなったり、すっきりする効果も期待できるのだとか。

「マンガで読む酒風呂健康法」という早島妙瑞さん監修のマンガは、かつて仙人のお風呂と呼ばれてブームになった「酒風呂」を、マンガで楽しく読み解ける作品になっています。

 

身体がしっかり温まり、心もすっきり元気になれる酒風呂。

寒い冬の夜に、楽しんでみて下さいね。