[adsense]

 

うーさぎうさぎ、なーに見て跳ねる」という出だしで始まる歌を、子供の頃よく歌いませんでしたか?

この歌の中で、うさぎが跳ねながら見上げているのが「十五夜お月さん」、つまり、中秋の名月です。

この中秋の名月を人々が鑑賞する行為は、中国から伝わったそうです。大昔の日本では、月見の宴として楽しまれていた中秋の名月。そこには、どういった由来があるのでしょうか。

00232f378e6f776b44638ca4b8c6d454_s 

満月を神様に見立て、五穀豊穣を祝い感謝をこめてお祭りをした

 奈良時代の日本では、宮中などを中心におこなわれていたという月見の宴。

多くの物語や歌集の中に描かれています。その宴が徐々に庶民にも伝わり、農民が五穀豊穣を月に願う祭りとして、神に見立てた月に対して秋の収穫物をお供えしたのが現代まで伝わり、「お月見」と呼ばれるようになったそうです。

中秋の名月は十五夜とも呼ばれ、どちらも意味は同じです。十五夜とは、旧暦の8月15日をさしており、新暦では9月か10月になります。

中秋とは、7〜9月の真ん中という意味

 秋の中、と書く中秋とは、7月から9月までの真ん中、つまり旧暦の8月15日という意味があります。

中秋の名月の他に、仲秋の名月と書くこともありますが、この漢字の場合は月単位で7月〜9月の真ん中という意味で、つまりは8月のことです。

ですから仲秋と書かれている時には、8月全体を指しているので、十五夜とは違う意味になります。

「月にうさぎがいる」と言い出したのは中国人

 満月といえば、月の中に餅をつくうさぎの影が浮かぶのが有名で、日本では様々な絵本や歌にもなっていますよね。

でも実は、月の中にうさぎが見えると最初に発想したのは中国人だった!

中国の有名なお話に、月にいるうさぎはすべてオスばかりで、地上のうさぎはメスばかりだから、地上のうさぎは月を眺めてお腹に赤ちゃんが出来る、なんていうものがあるそうです。

中秋の名月には何をお供えする?

f0882e4059f7d10a3599d7ebe885fed6_s

 2014年の中秋の名月は9月8日です。

その日にぴったりと満月が見られれば良いのですが、そうとも限りません。旧暦では、新月の日を1日として、そこから月が満ちて、満月になるころがその月の15日だと決めていたそうですが、実はそんなにきっちりと新月から15日後が満月になるとは限らないのです。

あくまでもカレンダーや時計の無い時代のことですから、おおよそに見当をつけていたということですよね。

今年の中秋の名月が綺麗な満月であることを祈りつつ、お供え物をご紹介したいと思います。

有名なのは、里芋に見立てた月見団子とススキですが、その他に秋の七草や、秋に採れた野菜などもお供えすると良いようです。

中秋の名月は、英語にすると「Harvest Moon」です。農作物の収穫を祝って、実りに感謝する時間にしましょう。