[adsense]

 

冬の鍋料理で人気があるもつ鍋。

お取り寄せをしたり、人気のあるお店に食べに行ったり。

身体の芯まであたたまる、美味しいもつ鍋を調べました。

IMG_3264-thumb-1728x1152-434

もつ鍋はコラーゲンがいっぱい

もつ鍋は第二次世界大戦後に、福岡県の博多で朝鮮半島から来た労働者の方が、もつ肉とニラを鍋で煮て食べたのがはじまりだといわれています。

すき焼き風に食べていたころもあったようですが、最近はカツオだしや昆布だしに味噌で味付けをしてもつと野菜を煮込んで食べるスタイルが定着しています。

低価格でボリュームがあることから、若い人を中心に人気がありましたが、スープの中にコラーゲンがたくさん含まれていることが雑誌やテレビで取り上げられてからは、女性にも大人気となりました。

 

東京のもつ鍋人気店

博多もつ鍋 蟻月 恵比寿

東京都渋谷区恵比寿2−9−5

東京でもつ鍋を食べるならここです。味噌ベースと醤油ベースの味を選べます。

本格的な博多風もつ鍋が食べたい方におすすめです。人気店ですので予約する時は早めにしましょう。

 

博多もつ鍋 がんこ

東京都港区新橋2−20−15新橋駅前ビル1号館 地下1階

新橋の駅前ビルの地下にあります。

ちょっと懐かしい雰囲気のお店で醤油ベースのもつ鍋が食べられます。

サイドメニューも充実していて価格も安くておすすめです。

 

やましょう 人形町店

東京都中央区日本橋人形町2−25−19

味噌味と醤油味のもつ鍋が選べます。

もつ鍋のほかにも水炊きやサイドメニューの地鶏のたたきなどがおすすめです。

 

簡単なのに本場の味! 博多もつ鍋レシピ

博多風モツ鍋をつくろう! 【簡単レシピと作り方解説動画】

 

材料(4人前)

もつ     800g

(もつ鍋のもつは牛のホルモンを使います)

キャベツ    半玉

ニラ      2束

ごぼう     1本

豆腐      1丁

 

キャベツはざく切りにして、ニラは5センチに切ります。

ごぼうはささがきにして水にさらしておきます。

 

基本のスープにはだしの素と薄口醬油、酒、みりん、塩を入れ、ニンニクと鷹の爪を好みに合わせて適量入れます。

 

1、大きめの鍋にお湯を沸かし、基本のスープを作ります。味見をしながら濃いめに味つけて下さい。

2、鍋にニンニクスライスを入れ、もつを入れます。

3、もつが煮立ったら、ごぼうと豆腐を入れます。その上にかぶさるようにキャベツを盛り、ニラをのせて煮立てたら出来上がり。

 

もつ鍋を楽しんだあとは、残ったスープに中華麺を入れてラーメンにして食べるのが博多風です。

雑炊にしても美味しいですよ。