[adsense]

 

寒い冬の日。

朝晩の通勤・通学で冷え切った手で仕事や勉強をするのはつらいもの。

そんな手の冷えに有効なのが、そう手袋。今回は、様々な手袋を紹介します。

 7c93e0499d9a1a6fcf521beeb6c2ed3d_s

暖かさで選ぶならこれ!素材で選ぶ手袋

ウール型、レザー型、ムートンレザー・・・など、今や様々な素材で作られている手袋ですが、ウール型の手袋が一番保温性に優れているようです。

しかし、動物性の毛を使っていますので温かさは一番に違いないのですが、同じ理由で若干水には弱い印象があります。

他に「温かさ」に重点を置いて選ぶのであれば雪山用のグローブを使う手もありますが、さすがにそこまで寒いというのはよっぽどのことだとおもいますので、通常使う分にはウールが使われた手袋を選ぶのがよいでしょう。

 

スマホをいじりたい人はこれ。スマホ用手袋。

さて、手袋をすると「スマホがいじれない」とお困りの方も多いでしょう。

少し前まで、手にはめたとき指先だけ手袋から出ているタイプの手袋がスマホをいじりたい人による苦肉の?防寒対策でした。

現在はというと、指先まで布があってかつスマホ操作可能なタイプの手袋も販売されるようになりました。

「寒いのは嫌だし、スマホいじるためにわざわざ手袋外したくない!」という方は下記URLを参照してみてはいかがでしょうか。

 

【2013冬新作】おしゃれなスマートフォン対応手袋まとめ

 

手袋のお手入れ方法紹介!

様々な素材で作られている手袋。

当然素材別にお手入れの方法は異なります。

それらをすべてここで紹介することは困難ですが、各素材別に詳しくお手入れ方法を紹介しているURLを発見しました。

一番手っ取り早いのはクリーニング屋に出すことだと思いますが、下記URLを参考に自分でお気に入りの手袋をお手入れしてみてもよいかもしれません。

 

手袋のお手入れについて 

 

一つは持ってみたい?最高峰手袋メーカーの紹介

冬になると様々な手袋が衣料品売り場並びますが、「世界一の手袋」をご存知でしょうか。

それが英国発祥、1777年から製造が継続しており「世界最高峰の手袋」と名高いデンツの手袋。

1953年にはエリザベスⅡ世の戴冠式用手袋を手掛けたこともあり、名実ともに一流の手袋を作っています。

「手袋といえど、一級品がほしい!」という方にお勧めの手袋といえるでしょう。

 

DENTS 

 

冬場に重宝する手袋。

ちょっとしたお洒落のアクセントになる手袋を今年はあなたも探してみてはいかがでしょうか。