[adsense]

 

とろりと甘く、芳醇な香りが魅力の巨峰ジャム。

賢い巨峰の選び方から美味しいジャムの作り方までご紹介します。

 E5B7A8E5B3B0E382B8E383A3E383A0

巨峰は「石原早生」と「センテニアル」という、どちらも外国種のブドウを交配させて誕生した日本原産のブドウです。

この巨峰を開発した大井上理農研究所の窓からは雄大な富士山の景観を眺める事ができるそうで、その窓からの景色にちなんで「巨峰」という名前がつけられました。

巨峰はその実の大きさから、「ブドウの王様」と賞賛され、全国各地で栽培されています。

巨峰の健康効果

果物の中でもとりわけ栄養成分が豊富な事で知られるブドウですが、主な健康効果をまとめてみました。

ブドウの中に多く含まれるポリフェノールの一種アントシアニンは、活性酵素を除去する働きがあり近年注目を浴びています。

血液をきれいにし、循環を助けてくれますので、ガンや動脈硬化の予防に効果的です。

アントシアニンはブドウの中でも黒赤色のものにたくさん含まれていますので、巨峰はまさにアントシアニンの宝庫といえます。

また、ペクチンや有機酸もブドウの栄養素として有名ですが、有機酸は腸内を整え善玉菌を増やしますので大腸がんの予防ができます。

ペクチンは体内の免疫を適正に働かせ、コレステロールの減少や整腸作用などの効果も高いです。

その他にも多くの栄養成分を誇る巨峰ですから、その巨峰をぎゅっと凝縮したジャムは毎日の健康にとても役立つ食品なのです。

 

巨峰ジャムレシピ

材料 (できあがり500g分)

 

巨峰   800g

砂糖   300g

甘さのお好みで加減して下さい。

レモン   1個

 

巨峰の選び方のポイント

持ち上げた時に房の重みがズシリとして、なるべく色の濃い(黒い)ものを選びます。

ひとつひとつの粒が大きく、粒の数はすくなめの房を選ぶと甘みが強いです。

 

1、巨峰を流水で良く洗い、房から粒をはずす。

2、粒を半分に切る。

3、鍋に巨峰の全量と砂糖を入れ、そのまま1時間ほどおいておく。

4、巨峰から水分が出たら、鍋にレモンの絞り汁を加える。

5、鍋を火にかけて煮始める。最初は弱火で、水分が充分に出たら中火にして15分煮る。

6、火を止め、一度ざるにあけて水分と実に分ける。

7、ざるの中の実を木べらでこし、皮と種を残してボウルに落としていく。

8、鍋を再び火にかけ、アク取りをしながらとろみがつくまで煮詰めます。好みのかたさで火からおろし、冷まします。

 

巨峰ジャムは、冷蔵庫で保存すると2週間はもちます。

パンやホットケーキのトッピングのほか、ヨーグルトにかけても美味しく食べられます。

煮込み料理の隠し味にも活用できますよ。

美味しくて健康にも役立つ巨峰ジャム、ぜひ毎日の食事に取り入れて下さいね。