[adsense]

 

咳がでて、なんだか喉も痛い。

「風邪かな・・・?」といった場面は誰にでもあること。

そんなとき、役に立つのが風邪薬。

しかし風邪薬と言っても、市販の薬から、お医者さんに処方してもらうタイプの薬と種類は様々。

ここでは、割かしよくかかる病の薬、「風邪薬」について説明します。

 風邪薬

市販の風邪薬と処方箋による風邪薬の違いは?

風邪をひくとよくお世話になるのが、市販の風邪薬。

実際のところ、お医者さんに処方箋を書いてもらった薬と何が違うのでしょうか。

医師が処方箋を書いて処方される風邪薬は、患者の体重や年齢等を考慮して「患者本人」により効果的な薬を処方してくれます。

一方で、一般的に市販されているタイプの風邪薬は風邪の症状全般にきくように処方されています。

あるいは、「のどの痛み用」「咳止め用」といった形で「特定の症状を和らげる」効果が特出している場合が多いです。

どちらがより優れているというものでもありませんが、医者に行く時間的な余裕がない方は一般市販用の薬、症状が重い場合などは病院で処方してもらう、といった形が多いのではないかと思います。

 

風邪薬服用上の注意―薬物被害にあわないよう、添付の使用上の注意は必ず確認しよう―

「風邪薬」というなんとなく日常的になじみのある薬ですが、あくまでも「薬物」であることを忘れないでください。

市販薬を使う時は必ず、添付の使用上の注意を確認してください。特に子供に大人用の風邪薬を与えたり、妊娠している女性に気楽な気持ちで風邪薬を勧めるなどは厳禁です。

風邪薬といえど、使い方を間違えれば、「薬物乱用」です。

思わぬ薬物被害、副作用に悩まされることがないよう、十分に気をつけて服用するよう心掛けましょう。

 

意外な事実!医師の多くは風邪薬を飲まない!?

さて、風邪薬について調べる中で意外な話を取り上げている記事を見つけました。

それは、「医者は風邪薬を飲まない」という趣旨の記事です。

「風邪は自然に治るもの」、「インフルエンザを除いて有効な抗ウイルス剤は存在しない」、「抗生物質は風邪に直接聞くわけではない」といった、医学的な根拠から医師が風邪薬を服用するのは「症状がつらい時」に限られるようです。

それどころか風邪薬にとよく処方される「抗生物質」は体内の有用菌を殺しかねず結果的に体の免疫機能を低下させる・・・などの少し衝撃的な事実が記載されています。

健康上のリスクを考える上で、こういった情報は過信するのは危険といえど、知っていて損はない情報。関心をもたれた方は、下記URLを一読してみるとよいでしょう。

 

医者や薬剤師が風邪薬を飲まないのはなぜなのか 

 

「風邪は万病のもと」と昔から言われています。

たかが風邪だと思わず、風邪をひいたら早めに休養を取るなどの対策をとり、悪化を防いで元気を取り戻したいものです。