[adsense]

 

本格的な秋到来!

夏の暑さが過ぎ、冬の厳しい寒さまでにはまだしばらく余裕がある過ごしやすい季節が今年もやってきました。

秋といえば過ごしやすいため、何かと活動的になれる季節でもあります。

一方で、秋の夜長を利用して、普段は読まない長編小説を読む・・・なんてことも可能です。

今回は「読書の秋」にかこつけて、東京神田で毎年開催される神田古本祭りをご紹介します。

 43e083c2

神田古本祭り おそるべき販売冊数。100万冊の古本販売。

本好きなら、1度は訪れてみたい街が、東京神田。

本の街として有名なこの町がより一層「本好き」で埋まるイベントが神田古本祭り。

昭和35年から始まり今年で55回目を迎える同イベント。

開催中に販売される冊数はなんと100万冊。

最新の本はもちろん、古めかした学術書、一昔前に一世を風靡した俳優、女優の写真集など、本という本が一斉に集います。

当日は、時間帯ごとに下記のような催しも行われるので、自分だけのお宝本を探しに神保町まで足を延ばすのもよいかもしれません。

 

◆青空掘り出し市

会場:千代田区神田神保町古書店街

日時:10月25日(土)~11月3日(月・祝) 10:00~19:00 (最終日は18:00まで。雨天中止)

 

◆特選古書即売展

会場:東京古書会館地下催事場

日時:10月24日(金)~26日(日) 10:00~18:00 (最終日は17:00まで)

 

本だけが目当てじゃない?神田の魅力あれこれ

さて、せっかく神田まで足を運んで御望みの本をゲットしたら、神田古本祭りと並行して行われるイベントにも参加してみてはいかがでしょうか。

 

神田カレーグランプリ2014 

たとえば2013年には隣町の小川町にてカレーグランプリ2013が開催されました。

予選を勝ち抜いた人気カレー店10店が集まり人気投票でランキングが決定されるというイベントです。

神田のカレーナンバーワンを決める同イベントは11月1日~3日に11時から17時まで小川町広場(東京都千代田区神田小川町3-6)にて開催予定。

 

そのほか、神田には、本以外にも様々な面白スポットがあります。

下記URLから本祭りに合わせて神田の魅力を十分堪能できる散歩道が紹介されています。

「本の街」神田を満喫した後は別の視点から神田の街を散策すのもよいかもしれません。

 

神保町散歩道 

 

今年の10月は深まる秋の気配を感じながら、自分だけの1冊を探しに神田古本祭りを訪問してみてはいかがでしょうか。