[adsense]

 

今年も10月18日(土)19日(日)の日程で、堺まつりが開催されます。

今年の堺まつりのテーマは「1600年の堺遺産に出会うまつり」です。

堺の文化や歴史を次世代に継承していこうという意識でおこなわれる41回目のお祭りに、ぜひ出かけてみませんか?

 

121

 

大阪府堺市には、歴史的文化遺産である古墳をはじめ、町の至る所で貴重な歴史遺産を目にすることが出来ます。

この堺まつりでも、こうした歴史に彩られた町「堺」を象徴するようなさまざまなイベントがおこなわれ、観客を楽しませてくれます。

 

堺まつり 主なイベント

 大パレード 10月19日(日)11:00〜15:30 大小路シンボルロード

 

なんばん市 10月18日(土)10:00〜20:00

      10月19日(日)10:00〜18:00 ザビエル公園(堺区櫛屋町西)

 

利休のふるさと堺大茶会

      10月18日(土)19日(日)9:00〜15:30 

大仙公園(堺区百舌鳥夕雲町2)

南宗寺(堺区南旅篭町東3−1−2)

 

大小路シンボルロードでおこなわれる「大パレード」では、古墳期から中世、近代、現代に至るまでの堺市の歴史や文化を出演者が再現し、堺市1600年の歴史が目の前で楽しめる構成となっています。

それぞれの時代を象徴する衣装にも注目です。

 

「なんばん市」では、中世に商人の町として栄えたという堺の賑やかな雰囲気を再現します。

なんばんフードをはじめ、地場産品の販売もあります。

ステージパフォーマンスにも期待しましょう。

 

「利休のふるさと堺大茶会」は、本格的なお茶会や煎茶会が楽しめます。

いけばなの無料体験やお茶と和菓子の販売、茶器の展示や販売もおこなわれます。

人力車も運行しますので、記念に乗ってみるのも良いですね。

 

堺まつりといえば「ふとん太鼓」

 

 

18日(土)の夕方からおこなわれる「前夜祭」では、旧市民会館駐車場で「ふとん太鼓前夜祭」があります。

ふとん太鼓の歴史は古く、明治40年頃に地車代わりにふとん太鼓を神社に奉納したのが始まりだと言われています。

堺市はもともと練物産業がさかんで、元禄年間より続いているそうです。

普通のお祭りではなかなか見ることの出来ない「ふとん太鼓」、このふとん太鼓を楽しみにして堺まつりに足を運ぶ方も多いそうです。

堺市産業振興センターでおこなわれる前夜祭の方には、お笑い芸人の出演や民族舞踊のパフォーマンスも繰り広げられるそうですから、そちらもチェックして下さいね。

 

堺まつりは雨天決行ですが、お天気が荒れた時には中止になる場合もあります。

堺まつりの公式ホームページでは、新しい情報が順次追加されるほか、パレードなどの出演者も募集しています。

 

歴史と文化が融合する、堺市の魅力がいっぱい詰め込まれた堺まつり。

地元の方々だけじゃなく、遠方から来た方も存分に楽しむことの出来るバラエティ豊かなお祭りですね。