[adsense]

 

免疫力を高め体調を整えてくれる夏野菜は、連日の暑さで疲れのたまった身体の救世主となってくれます。

きゅうりやトマトのベランダ栽培は、お手軽に挑戦できることから野菜好きの主婦に大人気です。

 

20140708091135e5b

 

がんの予防効果もある

夏野菜は豊富なビタミンに加えカロチンやカリウム、食物繊維などさまざまな栄養素が充実していることが知られていますがそれらの栄養素が合わさることにより身体の免疫力を強化してくれることが明らかになりました。

免疫力が高められると風邪などの病気にかかりにくくなるほか、がんを予防することもできます。

また、体内の抗酸化作用もあるので、美容やアンチエイジングへの効果も注目されています。

 

野菜別、健康効果

・トマト

ビタミンCやカロテン、それにリコピンが豊富です。老化を防止して身体に抵抗力をつけてくれます。

 

・ゴーヤー

ビタミンC、ビタミンB1、カリウム、カロテン、鉄分、リンなど、とにかく栄養豊富です。ゴーヤーに含まれるビタミンは熱に強いのが特徴です。

 

・ピーマン

カロテン、ビタミンC、ビタミンB1、B2、などの他、食物繊維も多いです。身体の中をきれいにしてくれます。

 

・かぼちゃ

カロテンにビタミンが豊富。緑黄色野菜の代表といえます。和食からスイーツまで幅広く利用できるので、たくさん食べられます。

 

・ナス

皮に含まれるポリフェノールは健康効果が高いです。なるべく捨てずに、一緒に食べましょう。アントシアニンが血管を強くしてくれます。ビタミンも豊富で抗酸化作用の多い野菜です。

 

・きゅうり

ビタミンCが多く、利尿効果の高い野菜としても知られています。夏のむくみが気になる時にもおすすめです。

 

夏野菜を作ってみよう

夏バテ防止に効果がある夏野菜ですが、意外と簡単に栽培することができます。

苗から始めれば栽培期間は意外と短く、初心者でも挑戦しやすい野菜です。

マンションのベランダでも手軽に始められるものをご紹介します。

植え付けから収穫までが短く、育てやすいのがきゅうりです。

5〜7月くらいまでに苗を植えます。

育つのが早く、花が咲くとすぐに実になります。

育ちすぎないうちに収穫しましょう。

ピーマンは夏野菜の中でも病害虫に狙われにくく、育てやすい野菜です。

5月に苗を植えたら6月頃から収穫できます。

長いものは9〜10月頃まで実を付けてくれます。

グリーンカーテンで注目されているゴーヤは、5月中旬から6月に苗を植えつけます。

あまり手をかけなくても立派な実を付けてくれます。

収穫は7月中旬頃から。

トマトやプチトマトは、5月に苗を植えて7月頃から収穫します。

水をあまりやりすぎない方が味の濃いトマトができます。

プランターの隙間にバジルを植えておくと、虫除けになりますよ。

 

美味しくて身体に良い夏野菜、美容にも効果があります。

たくさん食べて夏バテを防ぎ、健康な毎日を送りましょう。