[adsense]

 

山梨県笛吹川フルーツ公園は、大自然の中でのんびり行楽が楽しめる、家族連れにぴったりの場所です。

季節の花を楽しみ、フルーツ狩りやバーベキューをするのもおすすめです。

 

a

 

ここにしかない施設がいっぱい

全天候型屋内公園「くだもの広場」

フルーツ公園の真ん中に位置する、半円球の巨大なガラスドーム。

子供の遊び場としてはもちろん、天候を気にせず利用できるので、食事場所や休憩場所にぴったりです。

広場内には柑橘類の木が植えられていて、たわわに実った果実を間近で見られて子供も大喜びです。

このガラスドームの中には、天然素材の美味しいジェラートが食べられる「オーチャードカフェ」もありますので、ぜひ利用してみて下さいね。

 

「くだもの館」

くだもの広場の地下にある展示室です。

フルーツについて学ぶことが出来ます。

 

全天候型遊具施設「わんぱくドーム」

ドーム場の建物の中に大型遊具や滑り台があります。

ぶどう棚があったりバラが植えられていたりと、遊びながら自然とふれあえるようになっています。

 

「くだもの工房」

地上3階建て地下1階の建物が、楕円体のシェルターの中に入っており、とても特徴的な建築物です。

1階には山梨県産のお土産や特産品をあつかう売店があります。

2階にはワークショップ、教室、図書室があります。

3階にはレストラン「大戸屋ダイニング」のフルーツ公園店が入っていて、富士山や甲府盆地を眺めながら食事ができて人気です。

 

「アクアアスレチック」

水を使ったさまざまな遊びを体験できます。

裏が洞窟になった滝や、川の上にわたされた丸太の上を歩くゆらゆら丸太など、どれも子供たちに大人気です。

期間限定で、10月末までは水が流れています。

 

「果樹園」

山梨県の特産品であるブルーベリーやラズベリーをはじめ、四季折々の果樹が展示されています。

まるで外国の庭園に迷い込んだような、美しい風景と楽しむことが出来ます。

 

利用について

山梨フルーツ公園の施設は、どれも無料で、駐車場も無料です。

休園日はなく、野外の施設に関しては24時間利用できるそうです。

くだもの館とわんぱくドームは朝の9時から夕方5時までの利用となっています。

 

遠方からなら、絶景が見えるホテルに!

 

 

フルーツ公園の中には、フルーツパーク富士屋ホテルがあります。

フルーツの丘の上にあり、昼はそびえ立つ富士山を、夜は新日本三大夜景にも選ばれた美しい夜景を、楽しむことが出来ます。

1泊朝食付きで11000円〜です。

 

フルーツパーク富士屋ホテル

山梨県山梨市江曽原1388笛吹川フルーツ公園内

 

美しい自然の中で、遊んで学んでリラックスできる山梨フルーツ公園。

都心からも車で1時間半で行けます。

日々の疲れを忘れ、くつろぎの時間を過ごしてみませんか。