[adsense]

 

和風パフェとして、女性から大人気のマロンパフェ。

この秋におすすめのお店や手作りレシピをご紹介します。

秋の美味しい味覚、とくに女性に人気なのは「芋、栗、南京(かぼちゃ)」ですよね。

パンやスイーツやお料理に幅広く使われています。

その中でも、パフェにぴったり合うのは、やはり栗でしょう。

たっぷりの生クリームとほくほく甘い栗のコンビネーションが、もうたまりません!

 

東京で絶品のマロンパフェが食べられるお店

千疋屋総本店日本橋本店の「マロンパフェ」1850円

 

e0009722_17404438

 

パフェといえば千疋屋さんです。

いつでも、その季節ごとの旬のフルーツがたっぷりと使われた、美味しいパフェを食べられるのが魅力のお店。

ここのマロンパフェは、こだわりのマロンアイスとマロンソースに生クリームと栗がのっています。

驚くのは、その栗の量!

渋皮つきの栗の甘露煮がまるごと4個のっているのと、刻まれた栗がアイスとソースの中にも入っていて、これでもかというくらい栗を堪能できますよ。

全体的に甘さは控えめで、最後まで色んな味を発見しながら食べ進めることができます。

ちょっとお値段が高いですが、ボリュームがあって大満足です。

 

千疋屋総本店日本橋本店

東京都中央区日本橋室町2−1−2日本橋三井タワー内

 

東京風月堂の「マロンパフェ」1100円

マロンアイスとバニラアイスがスポンジにほどよく染み込み、チョコシロップとの相性が最高です。

栗の甘露煮も甘すぎずしっとり、ほくほくして食べ応えがあります。

昔ながらの王道パフェといった感じで、とっても安心感のある一品です。

風月堂にはほかにも美味しいデザートが揃っているので、たくさん頼んで食べ比べるのも楽しいですよ。

 

東京風月堂

東京都中央区銀座2−6−8

 

簡単、楽しい、マロンパフェのレシピ

材料(2人分)

栗の甘露煮(渋皮付き)    5個

ホイップクリーム       1箱

渋皮煮のシロップ     100cc

砂糖            10g

粉ゼラチン          2g

コーヒー         100cc

砂糖            10

ラム酒           適量

 

1、栗の甘露煮を3個だけ裏ごしをします。2個は飾りようにおいておきます。裏ごしができたらホイップクリームに混ぜ込みます。

2、渋皮煮のシロップをあたため、少量のお湯に溶かしたゼラチンと混ぜて冷蔵庫に入れて固めます。コーヒーも同様にしてゼリーにします。

3、マロンのホイップクリームを絞り袋に入れ、盛りつけます。

4、底から、渋皮煮のシロップゼリー、クリーム、コーヒーのゼリー、クリームと重ねていき、一番上に栗をのせてミントやひいらぎなどを飾れば出来上がりです。

 

甘すぎず食べやすいマロンパフェは、まさに落ち着いた大人の味です。

美味しく食べて、深まる秋を楽しみましょう!