[adsense]

 

昨今ブームになっている中国茶を飲みながら、できたての点心をいただく飲茶。

こってりした中華料理はちょっと…と思っている方にもおすすめな、美味しくヘルシーな飲茶を調べてみました。

 飲茶1

中国茶の健康効果

飲茶は、中国の広東省や香港マカオなどに住んでいる人々が、昔から習慣的におこなっている食事法だそうで、広東省出身の方々から国内外に広まりました。

中国茶には消化促進の作用や、油分脂肪分を分解してくれる働きがあるので、こってりとした点心とは相性がぴったりなのです。

また、点心の味の濃さを中国茶が引き立ててくれることも魅力のひとつですよね。

日本で飲茶が広まったのは1980年代以降で、それは日本人向けというよりは香港からの観光客向けに点心を扱うお店が増えたのがはじまりでした。

それから徐々に日本人にも点心の美味しさが認知され、飲茶の文化が浸透していったのですね。

 

飲茶の美味しいお店

最近では飲茶も一般的になり、ミスタードーナツや回転寿司でもおいしい飲茶を楽しむことが出来るようになりました。

でもせっかくなら、本格的な飲茶を1度は体験してみたいですよね。

そこで、東京でおすすめの飲茶店を調べてみましたので参考にしてみて下さいね。

 

70種類のできたて点心が食べ放題!

中国茶館 二号店

東京・池袋駅西口から徒歩1分

本格的なできたて点心を、2625円で食べ放題できます。

フカヒレ入餃子にもちもちの大根餅、海鮮巻きにスープたっぷり小籠包と、食べても食べても飽きること無くお腹いっぱいになります。

この中国茶館さんは名前の通り中国茶の専門店でもあるので、お茶じたいも淹れたてでとっても美味しく、感動ものです。

年中無休ですが、人気店ですので混雑を避けて早めの時間に行きましょう。

 

落ち着いた店内で、女子会にぴったり。

チャイナムーン 新宿店

新宿三丁目駅から徒歩1分

数多くのメディアで取り上げられている人気店です。

本格的な点心をいただきながら香港式の飲茶が楽しめます。

人気のお料理は、海老春巻きのクレープ包み756円、竹の子入り芝えびの蒸し餃子650円など、どれもリーズナブルで美味しい物ばかり。

食べ放題などグループ向けのお得なプランもたくさんあります。

 

手作り!とっても簡単な小籠包レシピ

飲茶食べ放題も良いですが、時間があれば自分で作ってみるのも楽しいです。

餃子の皮を使った簡単小籠包レシピをご紹介します。

 

材料

豚のひき肉       200g

竹の子の水煮       50g

干し椎茸          5g

干しえび          5g

ショウガのすりおろし    1g

しょうゆ         15g

酒            15g

 

水           100ml

ゼラチン          5g

鶏ガラスープのもと      3g

 

チンゲンサイ       250g

 

1、ゼラチンを大さじ2の水でふやかす。

2、鶏ガラスープのもとを水に溶かしておく。

3、柔らかくなったゼラチンをレンジで20秒あたため、完全に溶かし、2と混ぜる。冷蔵庫で冷やし固める。

4、固まった3を、20等分する。

5、干し椎茸をお湯でもどし、細かく刻む。竹の子の水煮も同様に刻む。

6、ボウルにタネの材料と5を入れて、よく練る。

7、餃子の皮の真ん中に具とゼラチンをのせて包む。皮の周囲に水をつけながら、最後はしっかりと閉じておく。

8、蒸し器の水が沸騰したら、底にチンゲンサイを敷いて小籠包を並べ、6分蒸す。

 

簡単美味しい手作り小籠包。ぜひ、中国茶と一緒にお召し上がりください。