[adsense]

 

近年、東京都内でも冬場にちょっとした雪が降ることが増えてきました。

雪が降った日でも、「どうしても出かけなければいけない!」ということは、社会人であれば誰しも遭遇すること。

そこで気になるのが、「スノーモービル」。

雪国に住まない人にとってはなじみのない乗り物ですが、「スノーモービル」を使うには、何が必要なのでしょうか。

 スノーモービル

スノーモービルの疑問1 公道を走れるの?

ゲレンデなど、「雪国の乗り物」なイメージを持つスノーモービル。

実は、スノーモービルそのものは国土交通省の認可を受けていない乗り物ですので公道を走行できません(ナンバープレートを取得できないため)。

なんとなくバイクのイメージで公道を乗れるような気がしますが、公道でスノーモービルを乗ることは禁止となっています。

 

スノーモービルの疑問2 免許は必要なの?

先の疑問の通り、スノーモービルで公道を走ることは禁止されています。

そのため、スノーモービル乗車に免許は不要です。

ただし、スノーモービルを販売しているメーカー「YAMAHA」などはスノーモービルライセンス講習会などを開きスノーモービルを動かすための基礎的な知識を講習しており、最低限知っておくべきことというものは存在するようです。

 

スノーモービルを楽しもう!スノーモービルを楽しめるスポットは?

さて、公道を走れないスノーモービルですが「スノーモービルを楽しめる」スポットというのがあります。

それが、「スノーモービルランド」といわれるスノーモービル専用の雪山です。

Googleで検索したところ「スノーモービルランド札幌」やといったスノーボードランドがあります。

 

スノーモービルランド札幌 

日本最大のスノーモービルランドである「スノーモービルランド札幌」。

大人の贅沢な雪遊びをコンセプトとしたこの施設はコースも複数あり、スノーモービルを思いっきり乗りこなせそう。

さらに、所在地が北海道だけあって、スノーモービルにあわせてしゃぶしゃぶをセットとした期間限定プランも用意されており、スノーモービルに合わせて、北海道のおいしいお肉も食べられるお得な施設でもあるようです。

 

スノーモービルランド湯沢 

一方、温泉でも有名な新潟県湯沢でスノーモービルを満喫できる施設が「スノーモービルランド湯沢」。

ミニサーキットや初心者のためのスクールも併設されており、初めてのスノーモービルを楽しむにはうってつけの施設といえるでしょう。

 

以上、スノーモービルについて紹介してきました。

今年の冬はスキーでもなく、スノボでもなく、スノーモービルスポーツを楽しみに、雪国を訪れてみてはいかがでしょうか。

 

中古のスノーモービルご紹介

興味のある方はご覧下さい。

スノーモービル アクティクキャット M8 153

スノーモービル ベンチャーVT500XL

スノーモービル スキードゥ 800