[adsense]

 

寒い日が続くと恋しくなるのが、あったかい「おでん」ですよね。

最近ではコンビニエンスストアでも美味しいおでんを買うことができるようになり嬉しいかぎりです。

地域によっても具材や味付けが違うと言う、奥深いおでんのあれこれ、調べてみました。

Yataioden

大根からロールキャベツまで、バラエティ豊かな具材

おでんは漢字で「御田」とも書き、田の字は田楽からきているそうです。

昔の東京では野菜や魚などを串に刺して焼き、お味噌をつけて食べるのが流行していたのですが、せっかちな江戸っ子にあわせてその串を煮込みにすることが始まったのだそうです。

そのうちにそれが「御田」と呼ばれるようになりました。

おでんにはさまざまな具材が入っていますが、地域によっても特色のあるおでんの具材があります。

関東や東北ではちくわぶがポピュラーですが、関西ではほとんど入っていません。

牛のすじ肉は、西日本では必ずと言っていいほど使われますが、関東では珍しいのです。

他にも、中国地方では色の赤いかまぼこを入れたり、北海道では山菜を入れたりするそうです。

静岡のおでんに黒はんぺんが入っているのは有名ですよね。

おでん専門店では、丸ごとのトマトやロールキャベツ、ウインナーやタケノコなど、それぞれのお店で工夫された具材が入っています。

 

家庭でのおでん、おすすめ具材

お家でおでんを作るとき、どんな具材を入れようかと考えるのも楽しいですよね。

昆布だしの中に具材を入れて土鍋でしっかり煮込めば、具材から出た美味しいだしが相まって、スープまでごちそうになります。

おすすめの具材は、定番のもので大根、ゆで卵、昆布、こんにゃく、ちくわ、厚揚げ、餅巾着、などです。

変わり種ではウインナーやロールキャベツを入れておけば、だしが染み込んで美味しくなりますし、子供にも大人にも喜ばれます。

 

コンビニのおでんから東京で人気の専門店まで

最近のコンビニエンスストアではどこでもおでんを取り扱っていますが、一番最初におでんを始めたのはセブンイレブンです。

1979年に電熱式のおでん鍋をレジ脇に置いて、販売を始めたのだそうです。

今や当たり前のコンビニおでんですが、当時は画期的なことだったでしょうね。

東京で有名なおでん屋さんといえば、赤羽にある丸健水産さんですね。

お昼から開いている立ち飲み屋さんです。

下町の雰囲気を楽しみながら、こだわりのおでんを食べてみたいものです。

浅草の大多福さんも有名です。

大正4年創業という、老舗の味がたまりません。

かなり混み合いますが、一度は行ってみたいおでん屋さんです。

代官山の俺のおでんさんも人気です。

もろこし豆腐など、ここでしか食べられない具材にリピーターが多いです。

 

冬はおでんの美味しい季節。家で、お店で、あったかいおでんを楽しんで下さいね。