[adsense]

 

冬になれば雪山に出かけてスキーやスノーボードを楽しむ方が多いですが、スキーウェアの準備に頭を悩ませていませんか?

アウトドアショップにいけば、種類の豊富なスキーウェアが揃っており、撥水加工など機能性のたかいものも多くあります。

そこで、スキーウェアの選び方とお手入れの仕方を調べてみました。

3af15e94113e04944770f1aae7eab9e5_s

レンタルでもいい?スキーウェアの後悔しない選び方

スキーウェアは安いものなら1着6000円くらいから販売されており、長く愛用することを考えればそれほど高い買い物ではありませんが、実はデザインの流行やシルエットの流行のサイクルが早く、何年も同じものを着ているとゲレンデの中で浮いてしまうということもよくあります。

シーズン中に頻繁にスキーやスノーボードを楽しむ方なら自分用のものを買った方が良いですが、それほど多く使用しないなら、レンタルで済ませるといった方法もあります。

レンタル料金は1着2000〜4000円程度ですので、使用頻度に照らし合わせて考えてみて下さいね。

スキーウェアを選ぶポイントは、まず保温性と防水性です。

温かく、しっかり防水してくれるものを選んで下さい、そして忘れてはならないのが通気性です。

スキーやスノーボードをすると汗をよくかきます。

でも、スキーウェアを脱いだり着たりして調節することは出来ませんから、通気性の良いものを選ぶのも大切です。

スキーウェアにはつなぎタイプとセパレートタイプがあります。最近では男性も女性もセパレートを好まれる方が多いようです。

スキーウェアの他にも、手袋や帽子、耳当てなどは必需品です。

 

洗濯はクリーニングじゃないとダメ?

スキーウェアの洗濯はかさばるし洗濯方法がわからないと思っている方も多いですよね。

まずは洗濯表示を確かめ、手洗いが丸になっていたら、手洗いします。

この時粉末の洗剤を使うとかたよってしまうので、必ず液体洗剤を使用します。

洗濯機の手洗いコースでも洗えますが、脱水のときに中の綿がかたよらないように注意が必要です。

真ん中に入れてから短い時間で脱水するようにしましょう。

陰干しでしっかりと乾かし、乾いたあとには専用の防水スプレーを全体に使います。

防水加工のウェアでも洗濯をすると効果が薄れますので、必ずスプレーしておいて下さい。

自分で洗濯をするのはやっぱり不安…という方はクリーニングに出しましょう。

撥水加工付きで3000〜4000円です。自分で洗うことに比べれば高く付きますが、きちんと仕上げてもらえるので安心です。

 

良いスキーウェアを選び、しっかりとお手入れをして、冬のアウトドアスポーツを存分に楽しんで下さい。

ゲレンデで素敵な思い出が作れますように。