[adsense]

 

猛暑の夏が過ぎ、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

夏の疲れか、それとも日常のストレスか、「なんだか最近疲れが取れない」などのお悩みを抱えている方に、今回は熱帯・亜熱帯地域をを中心に生息する「モリンガ」を利用した「モリンガ茶」をご紹介します。

モリンガ

モリンガとは―奇跡の木モリンガ

モリンガとは熱帯、亜熱帯地域に生息するケシ目ワサビノキ科 の植物。この植物の何がすごいのかというと、単にお茶などの食用だけではなく、種からとられる油は化粧品や、精密機器の油用に、樹皮はロープやマットといった形で伐採後様々な形で使うことができるところ。伐採して無駄になる部位はないといわれるモリンガは「奇跡の木」という別称で呼ばれることもあるのだとか。

 

モリンガの栄養成分―健康効果は?

モリンガの主成分はさまざまで、「こんなにさまざまな栄養集を持った植物は他にない」といわれるほど豊富。

ギャバ、カロテン、ビタミン、カルシウム、鉄、カリウム・・・などなど、その栄養素の豊富さには驚かされるばかり。

個人差はあるようですが、モリンガを摂取すると「糖尿病」「高血圧」「寝付きの悪い方」「便秘」などの方に改善がみられることがあるようです。

 

モリンガ茶を飲む、食べる!

モリンガ茶を飲むのであれば、インターネットなどで販売されているモリンガ茶のティーバックを購入することがおすすめ。

ティーバックであればお湯を注ぐだけで飲めますので気軽に飲むことができます。

また、「もっとモリンガ効果を得たい!」、という方にはモリンガを乾燥させて作ったパウダーなどを販売している会社もあるので、モリンガを利用した料理を作ることも可能です。

モリンガをお茶ではなく料理に使うのであればクックパッドで「モリンガ」と検索すると様々なモリンガレシピを見ることができます。

 

Cookpad「モリンガ」

 

手軽にモリンガを摂取したい場合はこちら⇒モリンガの小粒

 

モリンガを扱う際の注意

栄養素豊富で魅力的なモリンガなのですが、実は食べるにあたって気をつけるべきことがいくつかあります。

まず、妊婦さんについてなのですが、厚生労働省の調査によれば、モリンガを妊娠中のラットに高用量与えたところ、流産が見られたそうです。したがって、妊娠中の方はモリンガを控えるべきといえるでしょう。

また、高血糖症の患者さんについて通常使用する薬と併用すると血糖値が下がりすぎるという報告もあり、血圧が高い方に関しては医師に相談してから食事に取り入れるなどの工夫が必要です。

 

以上、植物にも関わらず高い栄養価が魅力的なモリンガについて紹介してきました。モリンガを取り入れて日々の忙しい中でも「健康」を意識してみてはいかがでしょうか。