[adsense]  

 

おもに6月から10月頃に起こりやすくなるという夏型過敏性肺炎という病気をご存知でしょうか。

重傷化すれば高熱や突然の呼吸困難にも襲われ、入院が必要になるケースも多いといいます。高齢者やお子さんのおられる家庭では、とくに注意が必要なとても怖い病気といえるでしょう。夏型過敏性肺炎は、いったいなぜこの時期に起こりやすくなるのでしょうか。

bandicam 2014-08-04 20-19-15-230

夏型過敏性肺炎は、ホコリに対してのアレルギー反応からはじまる

空気中に無数に漂っているホコリ、その中に含まれるカビや細菌を吸い込むことによって、肺がアレルギー症状を起こすことがあります。

そのアレルギー症状から始まるのが、「過敏性肺炎」という病気です。

「過敏性肺炎」自体は1年中存在しています。その「過敏性肺炎」の中でも、夏期をピークに症状が出るものを「夏型過敏性肺炎」と呼ぶのです。

この「夏型過敏性肺炎」の主な原因となるのは、酵母カビの一種のトリコスポロンだといわれています。

このカビは高温多湿を好み、腐った木材などを栄養にすることから、夏場の木造住宅などで多く繁殖することが確認されています。

古い家屋の水回りなどでは大量に発生しているそうです。

夏型過敏性肺炎にかかりやすいのは、専業主婦や幼児など、家にいる時間が多い人

夏型過敏性肺炎」の原因となるトリコスポロンの胞子は非常に小さくて、3〜8ミクロンともいわれています。そのため、いったん吸い込んでしまうと肺の奥の肺胞の中にまで入り込んでしまい、肺炎を引き起こしてしまうのです。

トリコスポロンは普通のお家に繁殖するカビですから、当然お家の中にいる時間が長い人ほど発症しやすくなります。

幼いお子さんのいるご家庭などでは、室内で過ごす時間も多くなりがちですので気をつけなければいけません。

症状と治療について

症状は咳や発熱、呼吸困難などで、一般的な肺炎とあまり変わりませんが、家の中が原因の病気のため、いったん入院などで家から離れると症状が治まることがほとんどです。

症状が重い場合はステロイド薬が処方されます。しかし、治療で症状が改善されても家に戻ればまた同じことになりますので、根本的な環境の改善が必要となります。

環境を改善して夏型過敏性肺炎を予防する

この病気の予防には、家の中でトリコスポロンを増やさないという手段しかありません。では、どうすればトリコスポロンを繁殖させないように出来るのでしょうか。

まずトリコスポロンが好む高温多湿な場所を清潔に保つ必要があり、お風呂場や洗面所は消毒をして普段から風通しを良くしておきます。

畳や布団にも目に見えないカビが繁殖しますので、そちらも湿気がこもらないように気を付けます。

そして、忘れてはいけないのがエアコンの中です。

暑い夏場はエアコンを付ける時間も長くなりますが、もしエアコンの中にカビが発生していたら、そのカビを冷風とともに部屋中にまき散らしていることになります。

エアコンの中もしっかりと掃除をし、消毒をしましょう。

夏型過敏性肺炎」は、かかってしまうと治療にも時間がかかりますし、咳が止まらず呼吸が苦しくなるというのは本当に怖い病気です。

大切な家族のためにも、トリコスポロンを撃退して清潔なお家を保ちましょう。