[adsense]

 

b069890f90731349561d592714023be6_s

年を重ねると、いつの間にかできる眼の下のクマ。

寝不足?目の疲れ?一言に「目の下のクマ」といっても原因は様々なのをご存知でしょうか。

今回は「目の下のクマ」についてご紹介します。

 

目の下のクマの種類。「血行不良のクマ」「色素沈着のクマ」「脂肪たるみクマ」「目の下の凹みのくぼみクマ」

目の下のクマ、化粧で隠そうにもなかなかうまくいかず悩んでしまうもの。

実はこうしたクマの原因は4つに分かれます。

血行不良のクマ」「色素沈着のクマ」「脂肪のたるみクマ」「目の下の凹みのくぼみくま」。

それぞれについて解説していきます。

 

・血行不良のクマ

「冷え症」「パソコンをよく使う方」などによく表れるのがこのタイプのクマ。

目の疲れ、全身の冷えといったストレスからくるこのタイプのクマは、「ホットタオル」を利用して目を温め血行を良くすることで改善することがあります。

 

・色素沈着のクマ

「クマの色が茶色い」「アイメイクを落とさずに寝ることがある」「よく目をこする」なんて方のクマがこちらのタイプ。

新陳代謝の乱れによるメラニンが増加することで発生するタイプのクマです。

夏場の紫外線対策などを行うことでこのタイプのクマは防ぐことができます。

また、油分を多く含む化粧品を使うことで、紫外線を受けた際に過酸化脂質となってしまい、結果このタイプのクマを発生させる原因となってしまうこともあるようです。

 

・脂肪のたるみクマ

「クマが形になって目の下が黒い」「目の下のふくらみがきになる」方のクマがこちらのタイプ。

目の下の脂肪が浮き出る形で影となるタイプのクマです。

このタイプ、さらに皮膚が伸びてたるんでくると顔の印象が老けこんで見えてしまうようになります。

こちらのタイプについては「加齢」も影響してくるため、具体的な予防策、対処方法はなく、「脂肪を取り除く」ことが改善の唯一の方法となります。

 

・目の下の凹みのくぼみクマ

「目の下がくぼんでいる」「頬がたるみ目の下が貧相」な方のクマがこちら。

原因は「生まれつき」、「加齢」などこちらについても予防ができるタイプではなく先天性によるものが大きいタイプのクマです。

 

どうにかしたい、目の下のクマ。有効対策は?

「目の下のクマ」どうにかしたいと考えている方は結構多いはず。

一般的にできるクマ対策として「水を飲む」ことがあげられます。1日最低500ccの水を飲むと、体の代謝を良くするためそれだけでもだいぶ違うのだとか。

ここでいう水というのは、純粋に「水」で、「お茶」や「コーヒー」などは厳禁。

もともと、クマは睡眠不足も原因の1つですから、これら睡眠の妨げになるような飲み物をいくら飲んでもクマには効かないことが想像できますね。

そして、どうしてもひどい場合はお医者さんに診てもらうことが一番でしょう。

ただし、こちらは美容クリニックが主流となるためか軒並み料金が高めなので要注意です。

 

一度気になり始めるとずっと気になってしまう「目の下のクマ」。

やはり、悪化してしまう前に十分な休養を取るなどの対策をとるのが得策かもしれません。