[adsense]

 

小江戸川越を舞台に、精巧緻密な人形をのせた豪華な山車が町を曳行する川越まつり。

スケールの大きさと豪華絢爛な山車が魅力の歴史あるお祭りです。

kawagoe003

蔵造りの町並みと山車の競演

川越は小江戸とも呼ばれ、歴史漂う蔵造りの町並みは関東でも有数の観光地として有名になっています。

その川越で、毎年10月に2日間にわたっておこなわれているのが「川越まつり」で、毎年多くの観光客が集まります。

川越まつりの特徴は、精巧に作られた人形をのせた何台もの絢爛豪華な山車が蔵造りの町中を曳行するということです。

数台の山車同士が向かい合い、笛や太鼓や踊りで競い合う姿、それに合わせて周囲を囲むまつり人達が歓声を上げ、高々と提灯を振り上げるさまは幻想的で、川越まつりの最大の見所となっています。

 

川越まつりの歴史

川越まつりの歴史はじつに360年ということで、江戸の「天下まつり」の貴重な風習や様式をを現代に受け継ぎ、また独自の特色も盛りこみながら発展してきた都市型祭礼として次世代に伝え続けられています。

平成17年(2005年)には、「川越氷川祭の山車行事」として、国指定の重要無形民俗文化財にもなっています。

山車や人形などのほかにも、居囃子で使われるお面や豪華な衣装など、歴史を感じる貴重なものをたくさん見ることができます。

 

昼と夜で楽しみ方も変わる

川越まつりは、昼と夜で楽しみ方が変化するのも特徴です。

昼は、山車に乗った人形や施された彫刻、細かい刺繍がされた幕などを見て回ることができます。

山車ごとに個性があり、見比べるのも楽しいです。また、地元の小江戸小町たちの手古舞姿や、山車の曳き手などをじっくり見ることもできます。

夜は雰囲気ががらりと変わり、提灯の明かりが町中を幻想的な世界に誘います。

行き交う山車とと賑やかなまつり囃子、囃子に合わせて踊るまつり人と、乱舞する提灯でおまつりは最高潮の盛り上がりを見せます。

ひょっとこや天狐のお面を付けて舞う居囃子も、見物客を魅了し、まつりを盛り上げます。

午後6時半ころからは、「曳っかわせ」と呼ばれる山車同士の競い合いが始まりますので、川越まつりを見物する時には、この迫力ある曳っかわせをぜひご覧下さい。

 

川越まつり 2014年スケジュール

今年度の川越まつりは、10月18日(土)と19日(日)の2日間の開催となっています。

詳しい情報や山車の曳行スケジュールは、公式サイトにて随時お知らせがあります。

 

江戸のまつり文化を今に伝える由緒正しきお祭りが「川越まつり」です。

数多い秋祭りの中でも、受け継がれた歴史を大切に再現し開催されています。

重要無形民俗文化財にも指定された迫力あるお祭りを、ぜひ一度体感してみて下さい。