[adsense]

 

友人知人・家族から届く「結婚式招待状」。

結婚式などの祝い事は重なるときは重なるもの。

そこで気になるのが、「ご祝儀代」。

仲の良い友人・大切な家族への祝いの気持ちともいえるご祝儀代ですが、実はご祝儀代にもちょっとしたマナーがあります。

 祝儀袋

招待された人によって変えるべき!?ご祝儀のマナー

ご祝儀代と思いぱっと思いつくのは2~3万円台でしょうか。

実は、結婚式に招待してくれた方と自分の立場でご祝儀相場というのは変動するものなのです。

たとえば、友人であれば「2~3万円」。

一昔前、2万円では割り切れる(分かれる)という意味で良い顔をされていませんでしたが、今では「ペア」という意味合いで2万円のご祝儀も増えているのだとか。

夫婦で招待された場合は偶数(別れを連想させる)を避けて「5万円」「7万円」といった奇数額。

また、兄弟姉妹などの親族の式であれば「5万円」。が相場のようです。

 

実は地域ごとで異なる祝儀相場。ご祝儀額全国平均。

一口でご祝儀といっても全国津々浦々、結婚式を重視する地方もあります。

地域別にご祝儀代が高い都道府県を見てみると、中部地方の平均が5万5千円と全国平均よりもやや高め。

兄弟姉妹や甥や姪については10万円、親戚関係でも5万円というのだから驚いてしまいます。

中部地方では「娘が3人生まれたら家がつぶれる」といわれるほど、嫁入り準備にお金をかけるとは聞いたことがありますが、そんな伝統がいまでも垣間見れる納得の金額でした。

 

間違えたら失礼。ご祝儀袋選び、ご祝儀のマナー。

さて、どれだけのお金を入れたとしても、入れるご祝儀袋を間違えようものなら、大恥をかいてしまいます。

ご祝儀袋は「結びきり」というタイプの封筒を選びましょう。

蝶結びのものは、「何度でも繰り返されてほしい」という意味があるので、結婚式のご祝儀に使うには非常識。最近では、ご祝儀の額に合わせたご祝儀袋も販売されているので、もし平均よりも多めにご祝儀を出すのであれば、すこし豪華なご祝儀袋に包んでわたすのもよいかもしれません。

また、中袋に入れるお札ですが、新札を用意しましょう。また、祝い事の場合は中袋に入れる際には「お札を表」に入れます。

 

結婚式は祝いの席。

笑いにあふれているのがのぞましいとはいえ、「祝福の笑顔」ではなく、「苦笑い」では気まずいもの。

ご祝儀袋の準備をしっかりして、大切な人の結婚式に出席したいものです。