[adsense]

 

夏の暑い夜、飲みたいカクテルといえば冷たいモヒートですよね。

爽やかですっきりとした後味にラムのほの甘い香りが残ります。

モヒートの美味しい作り方を紹介。

img_cocktail_mojito_b

冷え冷えで飲むのがポイント

モヒートとは、スペインの言葉で「濡らす」という意味の「mojar」から来ているそうです。

冷たいドリンクを入れたグラスは表面がしっとりと濡れますが、それくらい冷たく作る、といった意味合いがあるのだそうです。

ミントをたっぷり入れ、清涼感あふれるカクテルを作ってみましょう。

 

【1杯分の材料】

 

ホワイトラム     45ミリリットル

ライム(新鮮なもの) 1/4個

ミントの葉      20枚くらい

*スペアミントのほか、アップルミントやブラックミントでも可

ブラウンシュガー   1かけら

*グラニュー糖や白砂糖でも良い

ソーダ(炭酸水)   45ミリリットル

 

大きめのグラスとすりこぎ棒を準備して作ります。

ラムとグラスは、あらかじめ冷凍庫に入れて冷やしながらカクテルを作ると美味しくなります。

氷は、家の冷蔵庫で作ったものでも良いですが、できればコンビニなどでロックアイスを買っておいて使用すると本格的な味が楽しめますよ。

 

、最初にライムと砂糖をグラスに入れ、すりこぎ棒でつぶします。

すりこぎ棒が無ければマッシャーなど、ライムをつぶせるもので代用しても大丈夫です。

潰したライムの汁と砂糖をしっかり混ぜて砂糖を溶かします。(グラスは丈夫なものを用意して下さい)

 

、ライムと砂糖が入ったグラスにミントを加え、潰します。

ミントをあまり潰しすぎると苦みや渋みが出てしまうので、なるべく優しく潰して下さい。

ミントから良い香りがたちはじめたらオッケーです。

 

、グラスに氷とラムを注ぎ、よくかき混ぜて下さい。

ソーダを最後にいれて、ゆっくり混ぜれば完成です。

 

氷が溶けると水っぽくなりますので、なるべく早くお召し上がりください。

家の冷蔵庫の氷より買ってきたロックアイスの方が格段に溶けにくいので、カクテルを作る時にはおすすめです。

 

モヒートのアレンジメニュー

モヒートは、ライムとミントをたっぷり使うのが特徴ですが、ライムと一緒に旬の果物などを潰してカクテルにするのも美味しいです。

色々なフルーツで試して自分の好みの味を探しましょう。

また、ミントの種類を替えてみたり砂糖をかえたりすると、香りや風味に変化が出て新しい美味しさを発見できますよ。

とても簡単に作れるモヒートですから、色んな味を作ってみて、みんなで飲み比べてみるのも良いですね。

 

夏にぴったりのすっきりモヒート。

ぜひお家でもチャレンジしてカクテルを楽しんで下さいね。