[adsense]

 

手軽に始められるフリークライミングとして最近話題になっているボルダリング

国内でもエリアが多くなり、全国的に人気となっています。

img_15

元々はフリークライミングの練習方法だった

最初は、フリークライミングの初歩練習だったボルダリングですが、手軽に装備がすくなる始められることでクライマーに好評となりました。

種類で分けると「ロッククライミング」の中の「フリークライミング」となり、小さめの岩をロープなどの道具を使わずに登るというのがボルダリングです。

自分の力だけで山や河原、海岸などの岩を登ったり、ジムに人工的に作られている壁を登ったりするスポーツです。

必要な道具はチョークとクライミング用シューズだけですので、あまりお金もかからずすぐに始められると言うのが最大の魅力となっています。

これからフリークライミングを始めてみたいと思っている方にも、ボルダリングを最初の練習として取り入れておけば、岩場での足の動きや体勢のバランスの取り方などが身に付いて役に立ちます。

登山に挑戦しようと思っている方にもおすすめです。

 

気軽に始めてみよう

ボルダリングをいざ始めてみようと思っても、どこに行って岩場を探せば良いのか見当もつかないですよね。

そんな方はまずボルダリングジムへ行ってみましょう。

ボルダリングジムでは、チョークやシューズもレンタルしてくれますし、初級者から経験者まで、レベルに合わせたアドバイスをしてもらえます。

ジムと聞くと、ランニングマシーンや筋力を鍛えるトレーニングマシーンを使った練習があるのかと不安になる方も多いと思いますが、ボルダリングジムではそういう運動はありませんので大丈夫です。

ボルダリングは頭と体を使うゲームのようなスポーツですので、運動が苦手な方にも楽しんで続けられます。

 

ダイエット効果もある?

全身の筋肉を使うボルダリングは、二の腕やふくらはぎを引き締めることができ、フィットネス効果も期待できます。

実際ににボルダリングジムには女性がたくさん来ているそうです。

全身をくまなく動かしているので、気がつくと痩せている…ということも多いみたいです。

 

国内でのボルダリングスポット

北海道では、赤岩青嚴峡、アモロ、モッタ、望岳台。関東では、御岳渓谷、笠間、鷹取山、三峰。

中部では小川山、豊田。近畿では御手洗峡、笠置、北山公園、摂津峡。四国では、鳴滝、土佐湾。

九州では平尾台、宮崎北部、金峰山など。

 

雨が多く、深い渓谷などでボルダリングのできるエリアが多くなっているそうです。

ボルダリングは装備の少ないことが魅力ですが、安全には充分気をつけましょう。