[adsense]

 

2b9a4d3b6d7fcb11f6ca067c58805184_s

「あ、あの人の親戚、亡くなったんだ・・・。」疎遠になっていた方からの喪中のはがき。

また、今まで喪中のはがきを出したこともないときも、いざという時のために喪中のはがき方法、知っておきましょう。

 

そもそも、喪中の「喪」とは?

「喪中」というと、漠然と「親近者の死」を連想します。

そもそも「喪に服す」というのは亡くなった方を悼み一定期間交友や祝い事などを避け、つつましく暮らしていく様を意味します。

この「一定期間」というのがおおむね一年といわれています。

 

喪中はがきの意味

 親近者で1年以内に不幸があった場合にだすのが「喪中のはがき」です。

目的は、新年のご挨拶年賀状の欠礼を知らせることです。

そのため、喪中のはがきを出すときは、年賀状を相手が書き始める前の時期に届くのが一番良いので11月中旬ごろには用意しておきたいものです。

 

喪中はがき作成

喪中はがきのような普段なじみのないものを作成するのには時間がかかるもの。

インターネットを利用できれば今では無料ダウンロードできるWordのテンプレートを使用して、あとは個人家庭用プリンタで出力・・・することができます。

また、立派な喪中はがきを出したい場合は印刷会社に頼むとよいですが、プロの手を借りると3000円前後の料金がかかります。

コストを安くするなら、無料テンプレート、きちんと挨拶したい場合は印刷会社と、自分の目的に合った喪中はがきを用意すればよいのではないかと思います。

 

喪中はがき寒中見舞い 無料テンプレートANDANTE 

 

喪中の場合の新年のあいさつ

 喪中のはがきに自分の近況を書いてしまうのはマナー違反です。

ただし、喪中のはがきを出していなかった方から年賀状が届いてしまう場合もあります。

その際は、寒中見舞いとして、はがきを出しましょう。

寒中見舞いを出すとしたらお正月を過ぎた1月5日以降に相手に届くよう作成するのがベストです。

 

年賀状を出してから喪中のはがきが!

年賀状を出した直後に喪中のはがきが届いてしまう、ということもあります。

この場合、受け手になったら喪中であることを知らなかったことをお詫びすれば特に問題はありません。

 

以上、喪中のはがきについて一通りの解説をしてきました。

「喪に服す」というのは故人を悼む大切な儀式です。

喪中のはがきを送る側も受け取る側も、故人に失礼のない対応をしたいものです。