[adsense]

 

アートアクアリウムは、色とりどりの金魚たちが泳ぐ水槽と、LEDのライティングやプロジェクションマッピングでの演出が合体した新感覚のアートです。

テレビや雑誌でも大々的に取り上げられ、その美しさに魅せられた多くの方々がアートアクアリウム展に足を運ばれています。

2011年にはじめてアートアクアリウムが開催されてから、約300万人を動員したというのですから驚きですよね。全国各地で催されていると言うアートアクアリウム展について調べてみました。

SONY DSC

2014年は五感を刺激するエンターテイメント

今年開催されているアートアクアリウム展は、江戸・金魚の涼と題し、人、自然、モノを大切に生きていた江戸時代の町の人々の精神で「江戸の涼」を感じられるイベントとなっています。

開催日時は以下の通りで、日本橋周辺ではこのアートアクアリウム展以外にも関連したイベントが数多く企画されています。ゆかた着用での来館特典などもありますので、事前にチェックしてみましょう。

 

アートアクアリウム2014 〜江戸・金魚の涼〜 &ナイトアクアリウム

2014年7月11日(金)〜9月23日(火・祝)

開催時間 11:00〜23:30

アートアクアリウム11:00〜19:00

ナイトアクアリウム19:00〜23:30

会場 日本橋三井ホール

当日 一般1000円 小学生以下600円 3歳以下無料

小学生以下の子供には保護者の同伴が必要です。

 

夏休み期間ということもあり、会場は大変な混雑となっており、入場する為に長い行列が出来る日もあります。

時間に余裕を持って出かけるようにしましょう。

 

美しすぎて話題に…樹脂で作る金魚アート

アートアクアリウムの他にも注目の金魚アートがあります。

それは深堀隆介さんの樹脂を使った金魚アートです。

中でも有名なのが金魚酒と呼ばれる升の中に金魚がまるで泳いでいるように見えるリアルなアート作品です。

あまりにも綺麗で本物のように見えるので、初めて見た人は絶対に驚きますよ!

深堀さんの作品は世界中で話題となっており、展覧会も大人気です。

樹脂を使って金魚を作る為には、一つの層ごとに乾かすのが1日かかり、ひとつの作品を作るのにとても時間がかかるそうです。

今は作品の注文が殺到しているそうで、ご本人は展覧会用の作品の制作もあり、手が回らない状態なのだとか。

気になるのは、深堀さんの作品のお値段ですが、小さなもので、40000円だそうです。手間をかけて作っていらっしゃるだけに、やはりいい値がしますね…

 

季節を問わず、人の心を動かす金魚アート。

優美な魅力を誇るきらびやかな金魚は、人の心を優しく癒してくれるのかも知れませんね。