[adsense]

 

お彼岸とは何か?時期と定番のお供え物を簡単に説明!

c3e27c3fb78f9689b6bdfa0d4e942874_s

「お彼岸」という言葉は知っていても、時期や何をお供えするのかなど具体的にはよくわからないですよね?
そこで、時期や定番のお供え物などをここで紹介していきますので、覚えてね!

お彼岸とは

彼岸には春彼岸と秋彼岸があり、春分の日、秋分の日を中日として、その前後3日を合わせた7日間を彼岸といいます。

お彼岸は仏教の教えから来ているものですが、インドなど仏教の進行が根強い国には見られず、日本のみの行事となります。

お彼岸は、春の種まきや秋の収穫とも結びつき、自然に対する感謝や祈りがご先祖様に感謝する気持ちにもつながって日本では大切な行事の一つとなっています。

若い方や行事に関心がない方だと由来や歴史などに興味はないと思いますので何をする日なのかというのを簡単に説明します。

お家にある仏壇仏具を綺麗に掃除し、おはぎや果物、花などをお供えします。そのあとお墓参りに行きお墓の掃除(墓石を洗ったり、雑草を抜くなど)して線香や花などをお供えする日です。

定番のお供え物

o0485036310228286434

お彼岸のお供え物として、果物、お菓子、花が一般的です。

定番なのは

  • 春彼岸は【ぼたもち】
  • 秋彼岸は【おはぎ】

ですが地域によっては精進料理や故人が好きだったものをお供えするところもあります。

お花についてですが、一般的には白や淡い色のお花をお供えします。

白百合や胡蝶蘭、トルコキキョウ、カーネーションなどがおおいです。

または故人が好きだった花。

こちらも地域によって、異なります。

 

お彼岸はいつからいつまで?

2014年(平成26年)~2017年(平成29年)

 

・2014年(平成26年)

【春彼岸】3月18~3月24日

3月18日 彼岸入り

3月21日 春分の日・中日

3月24日 彼岸明け

【秋分の日】9月20日~9月26日

9月20日 彼岸入り

9月23日 秋分の日・中日

9月26日 彼岸明け

 

・2015年(平成27年)

【春彼岸】3月18日~3月24日

3月18日 彼岸入り

3月21日 春分の日・中日

3月24日 彼岸明け

【秋分の日】9月20日~9月26日

9月20日 彼岸入り

9月23日 秋分の日・中日

9月26日 彼岸明け

 

・2016年(平成28年)

【春彼岸】3月17日~3月23日

3月17日 彼岸入り

3月20日 春分の日・中日

3月23日 彼岸明け

【秋彼岸】9月19日~9月25日

9月19日 彼岸入り

9月22日 秋分の日・中日

9月25日 彼岸明け

 

・2017年(平成29年)

【春彼岸】3月17日~3月24日

3月17日 彼岸入り

3月20日 春分の日・中日

3月24日 彼岸明け

【秋彼岸】9月20日~9月26日

9月20日 彼岸入り

9月23日 秋分の日・中日

9月26日 彼岸明け