[adsense]

 

結婚式を考えているカップルにとって、一番気になるのがお金のことですよね。

ほとんどの方にとって初めてのことですし、結婚式の費用にどれくらいかかったか、というのは親しい人にでもたずねにくいものです。

そこで、結婚式費用の平均や内訳を調査してみました。

9bb5cab9265dbf10da6eaf333eb310ef_s

結婚式費用の相場は平均300万円台

最近の結婚式では、親類や知人友人を合わせて70〜80人くらいのゲストの規模が多くなっています。

そのくらいの人数だと、平均して約300〜350万円くらいの予算が必要となってきます。

もちろん、地域や式場などで変わってきます。

今はレストランなどで式を挙げて費用を安くするのにも人気があります。

【結婚式場別、費用の平均額】

ホテルウェディング、平均330万円。

レストランウェディング、平均260万円。

ハウスウェディング、平均370万円。

チャペルウェディング、挙式のみで平均15万円。

神社、仏閣での挙式、平均で8万円。

挙式だけをチャペルや神社などでおこない、披露宴はせずにレストランを貸し切ってパーティーをして済ませる。

というのも、最近ではよく見られます。

そうすれば費用は抑えられますが神社やレストランなど、一日何組と制限のある所も多いので日時に制約が出て人を集めにくくなる場合もあります。

費用は誰が出す?

昔は結婚式費用を親が負担するのは当たり前といった考えがありましたが、最近はそうでもないようです。

新郎新婦2人で平均100万円を負担して、足りない分を親に出してもらうというカップルが多いのだとか。

新郎新婦で負担した金額はご祝儀で返ってくるので、実質的には負担ゼロとなるのでしょうか。

ご祝儀の相場と支払い方法

なにかとお金のかかる結婚式。

そんな時にありがたいのがご祝儀です。

そればかりをあてにするのも良くないですが、ある程度は計算に入れておいても大丈夫だと思います。

ご祝儀の気になる相場は、友人や同僚からは3万円。

上司や目上の知人からは3〜5万円。

親族からは5〜10万円となっています。

70人以上のゲストを呼ぶ場合は、少なくとも200万円くらいはいただける、ということでしょうか。

結婚式の費用は、式の数日前には支払わなければいけません。

ご祝儀を式の費用にまわすことを考えている場合は、クレジット払いが出来る式場をあらかじめチェックしておくことも大切です。

指輪やドレスなどの費用も、クレジットにしておけば、ご祝儀を利用出来て安心です。

 

2人の門出となる結婚式。式場やプランなど予算とも照らし合わせ、ご両親のお話も聞きながら、後悔のない素敵な結婚式を挙げて下さい。