[adsense]

 

暑い夏休み。

せっかくの夏休みでも、大人も子供も外で遊ぶには少しつらいところ。

そこで今回は、涼しい室内で、「日本の物づくり」の現場を見て楽しむ「工場見学」をご紹介します。

0f4dc151f3b5d58184b1c6eb27bc48db_s

 工場見学開催の企業メリット、見学者メリット

 最近では雑誌で特集されることもある「工場見学」。

企業側のメリットといえばやはり、「宣伝効果」が絶大だということでしょう。

会社の社員の接客対応、製品づくりへのこだわり。

お土産を配布して見学者自らに宣伝してもらう・・・ということが可能な工場見学は、不特定多数のマスコミを利用したPRより、「より親しみを持ってくれている」お客様へのサービス提供にもってこいなのかもしれません。

 お勧めの工場見学―

各種工場見学ですが、企業が開催している以上事前の見学予約は必須です。

ここでは関東地方・関西地方で大人も子供楽しめそうな工場見学と「大人」むけの工場見学3種類に分けてお勧めの工場見学をご紹介します。

 

・関東地方:赤城乳業株式会社 本庄千本さくら『5S』工場 工場見学

「がりがり君」でおなじみの赤城乳業株式会社の工場見学です。

やはり人気があるようで、見学は希望月の3月前から希望月の2月前の20日までとなっています。

申込方法はインターネット、はがき、携帯電話の3種類。

約90分にわたる工場見学は、アイスの味見、ノベルティグッズのプレゼントを含めて参加費は無料。

もはや、夏だけではなく1年中様々な「がりがり君」を提供してくれる同社を訪問してみてはいかがでしょう。

赤城乳業株式会社 本庄千本さくら『5S』工場 工場見学 

 

・関西地方:独立行政法人 造幣局

大阪北区天満にある、「独立行政法人 造幣局」。

そう、「お金」を作っている工場です。

申込期間は見学希望の2カ月前の月の初めから10日前まで。「電話」で予約を入れたのち申込書を提出する2段階制をとっています。

1部撮影禁止区域があるものの、お金を作る現場を生で見られるというのはなかなかない機会。

1度は見学に訪れてみたいものです。

独立行政法人 造幣局   

 

・大人向け:サントリー ビール工場見学

大人向けの工場といって真っ先に思い浮かぶのは「ビール工場見学」。

こちらは、東京、京都、熊本の3か所にあります。

特に年齢制限はないのですが、当然見学のメイン(?)ビール試飲は未成年者厳禁のため、訪問するなら大人同士が理想でしょう。

ちなみに試飲できるビールの銘柄は「プレミアムモルツ」と「オールフリー」(2014年8月13日現在)。

サントリーのビールファンの方には特におすすめ工場見学です。

サントリー 「工場見学へ行こう」

 

いかがだったでしょう。

紹介した工場見学のほかにも、現在ではさまざまな企業が工場見学を実施しています。

是非この機会に一度工場見学に訪れ、日本のモノづくり・食品づくりに触れてみてはいかがでしょうか。