[adsense]

 

7e6ab0a1157f052ef1189f67671ccefe_s

カボチャのジャック・オー・ランタン魔女の仮装といえば、毎年10月におこなわれるハロウィンパーティー

日本でもすっかりおなじみとなりました。日本でのハロウィンといえば、大人が子供にお菓子を配る行事のようになっていますが、ハロウィンとはもともとどういった行事なのでしょうか?

古代ケルト人のお祭りだったハロウィン

ハロウィンは、古代ケルト人が秋の収穫や恵みをお祝いして、同時に魔女や悪霊などを追い出す宗教行事としてお祭りをおこなったのがはじまりだといわれています。

それがアメリカで一般の人に広まり定着した。

今では宗教的な意味合いは無くなっています。

ハロウィンが10月31日におこなわれるのは、ケルト人の1年の終わりが10月31日だからです。

ハロウィンの楽しみ方

アメリカのハロウィンの夜には、カボチャの中身をくりぬき中にロウソクを灯した「ジャック・オー・ランタン」を飾り、仮装をした子供たちが家々を回ります。

仮装をした子供たちは、一軒一軒家を訪ね「トリック・オア・トリート!」と言います。

これは、「ごちそうをくれないとイタズラしちゃうよ!」という意味で、その言葉を合図に大人からお菓子を渡してもらうことになっています。

その日、家庭では、カボチャのケーキやお菓子がふるまわれます。

子供たちは自分の貰ったお菓子を持ち寄ってパーティーを開くこともよくあり、その場でお菓子が交換されたりします。

お菓子が貰えなかった子は本当にイタズラをして良いことになっています。

ハロウィンパーティーでよく楽しまれる遊びでは、「ダック・アップル」と呼ばれるものがあり、これはたらいなどの容器に水を入れ、そこにリンゴを浮かべて手を使わずに食べるというゲームです。

他にもリンゴ食い競争などもおこなわれます。

ジャック・オー・ランタンとお化けの仮装

ジャック・オー・ランタンは、カボチャ提灯やお化けカボチャとも呼ばれ、ハロウィンにはなくてはならないシンボルとなっています。

もともとは悪い魔女や悪霊を怖がらせる為に用いたものなので、ナイフを使い目や鼻や口をくりぬく時にはなるべく怖く作るのがポイント。

そして玄関のドアの脇などに置き、お家を守ります。

子供たちのする仮装に決まりはありませんが、一般的には魔女や黒猫、幽霊やゾンビなどが多いです。

最近では、映画やテレビのキャラクターやお姫様や妖精などに仮装する人も多く、自由度は高くなっています。

基本的に、他人を不快にさせないものならどんな格好でも良いことになっています。

ハロウィンにはお菓子の準備を!

日本でもハロウィンの習慣が広まりつつあり、お菓子を期待している子供たちもたくさんいます。

当日には自分の子供の他にもあちこちに配ることになりますから、多めに準備しておきましょう。

大袋でお菓子を買って、小分けにして用意しておくと、お金の節約にもなり当日の手間も省けますね。

仮装に飾り付け、お菓子の準備、親子で楽しみながら用意してみましょう。