ついに来た!女性の天敵!紫外線!それに伴うアレルギー

 

夏が近くなるとテレビのCMでも「日焼け止め」「UVカット」の言葉がほぼ毎時間流れますね。

夏は楽しいイベントもたくさんありますが、付いて周るのが「紫外線」避けられない永遠の天敵です・・・。

あんたはどんな対策をとっていますか??

 

紫外線って何?

そもそも紫外線とは何か・・・

太陽光の中には「赤外線」「可視光線」「紫外線」があります。

紫外線はエネルギーの強い光で物質に化学変化を起こさせやすい性質を持っているのです。紫外線にも3つの種類があり、地球に届いている「UVA・UVB」が日焼けや皮膚がんの原因になったりするのです。

「UVカット」の「UV」ですね。

 

紫外線アレルギーって何?

強い日差しなどで引き起こされるアレルギー反応のことです。

皮膚に出る症状は、発疹・腫れ・かぶれたりすることもあります。

目に表れる症状としては、充血・なんとなく異物が入ったような感じがするなど、様々です。

時に頭痛や発熱や吐き気を引き起こす事もあるのです。

「熱中症」とはまた違った病気です。

 

対策はどうすればいい?

紫外線アレルギーは一度なると治りにくいのです。

そうならないように予防と対策をしっかり行いましょう。

では具体的に・・・

 

1.日光を浴びない

夏でも長袖を着ること。

日傘なども外出時は必ず使用してとにかく極力日光を浴びない様にすることです。

 

2.家の中に居ても危険です。

カーテンをUVカットの物に替えるのも効果的。

 

3.外出時は日焼け止めクリームを塗りましょう。

常にバックの中に携帯用のクリームを入れておく。

ちょっとした事でも十分に対策となります。

 

アレルギーになってからでは遅いので早めに今年の対策を考えましょう。

 

顔と目に症状がでてきた!どうする?

顔に赤味が出た場合

皮膚科に行ってください。

皮膚科では症状を話して検査をするとアレルギーかどうかがすぐにわかるそうです。

 

目に症状が出た場合

目を休め、その後しみるような痛みがあるなら眼科に行きましょう。

放っておくとこの痛みはどんどんひどくなります。

 

皮膚科も眼科も「おかしい」と思ったらすぐに行くようにしましょう。

時間が空けば症状は悪化してしまうばかりです。

 

治療は病院?市販の薬でも対応できる?

まずは病院に行くことです。

皮膚科・眼科などそれぞれの症状にあった病院での検査から始めます。

検査を行う事でアレルギーかどうかがわかります。

 

アレルギーの診断を受けると症状によって非ステロイド剤・ステロイド剤の塗り薬が処方されるそうです。

ただしステロイド剤で一時的に湿疹が消えたとしても根本的な解決にはならないそうです。

だからやっかいなのですね。

治りにくい、というのがわかります。

 

市販の薬の中にはステロイド剤もありますが、自分の体に合わなかったり効き目があまり無いなどの事が起こりうるので、病院で処方された薬を使うのがいいと思います。

 

最後に・・・

紫外線アレルギーにならない為に1歩も外は出ない!

というわけにはいきません。

人は何かしら外に出ます。

いつ、誰の身に起きてもおかしくないのです。

ネットで見ていてもいろいろな病院の先生方が「とにかく予防です」と言ってますね。

なんとなく元気いっぱいになる夏ですが、自分の体も大切ですので女性も男性も、気をつけてくださいね。

 

紫外線防止にはラッシュガード!

送料無料

>>ラッシュガードの詳細はこちら

※スポーツや登山、海水浴には最適