夏になるにつれ最もよく聞く言葉がこの“紫外線”です。

日焼け止めを選ぶのもいろいろ気を使いますね。

日焼け止めに含まれる“紫外線吸収剤”。

では“紫外線吸収剤”とはいったいどんなものなのでしょう・・・。

 

紫外線吸収剤とは?

ザックリ言えば「日焼け止めに含まれる成分」なのです。

名前の通り紫外線を吸収してくれるので、お肌への紫外線を減らす働きをしてくれるのです。

似たようなもので“紫外線散乱剤”もありますが、一般的には紫外線吸収剤の方が多く使われています。

 

ではその成分は?

  • メトキシケイヒ酸オクチル
  • ジメトキシベンジリテンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
  • ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
  • オクチルトリアゾン
  • パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル

など

カタカナが多いですね・・・。

 

代表的な種類は3つ!

 

1)t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

  UVAを吸収します。油に対してはわずかに溶けますが水やアルコールには溶けません。

 

2)メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

  UVBを吸収します。油に溶け、水には溶けません。

 

3)オキシベンゾンー3

  UVA、UVBの両方を吸収します。油に溶け水には溶けません。

高いSPF値を出したい製品によく使用されています。

 

紫外線吸収剤使用の日焼け止めはお肌にいいの?

紫外線吸収剤を使用している日焼け止めは、透明で白浮きしないため、塗り心地も良くサラサラしています。

汗にも強いため良く使用されていますね。

最近では化粧水やジェルのようにサラッとした物もたくさん市販されております。

 

しかしその一方で、化学反応で紫外線の熱を放出するものもあり、この時の化学反応によって敏感肌の方が“肌が荒れてしまった”という事も起こりうるのです。

あと、長時間の使用ですと、吸収体自体が分解されるため効果が弱まってしまいます。

 

紫外線吸収剤を使っていない日焼け止めは?

紫外線吸収剤を使っていない日焼け度目にはたくさんの種類があります。

紫外線吸収剤は決してお肌に悪いわけではありません。

 

今ではいろいろな研究も進み、敏感肌の方にも安心して使える製品も開発されています。

日焼け止めの購入で心配な方は、薬局やお化粧品売り場の店員さんに聞いてみてから購入するといいでしょう。

 

夏は楽しいイベントやお祭り・花火大会など、外での楽しみがたくさんあります。

日焼けに億劫にならずに賢くいきましょう!!

 

2016年限定!30日間返金保証アリ

>>ミネラルUVパウダー/SPF50 PA++++の詳細はこちら

※国産ミネラルファンでのETVOS